ゴミ出しする朝に起きれない人へ!3つの解決策を教えます

スポンサーリンク

ゴミ出しする朝に起きれない!捨てられなかったゴミの処理方法&パッと目覚められる早起きテクを紹介

朝、早く起きるのが苦手でゴミ出しの時間にいつも間に合わない!

または、夜勤の日が回収日とぶつかって、ゴミが捨てられないことがある。

そういう悩みを持つ一人暮らしの人、多いみたいですね。

部屋にどんどん出せなかったゴミが溜まってしまうと、見た目も汚いし、臭いもするし、夏だったらゴキブリが湧く原因にも……。

そこでここでは、

  • ゴミ出しの朝に起きられない人の解決策
  • 朝早く起きる3つのスーパーテクニック
  • 捨てるゴミを減らす方法

などなど、早起きが出来ずゴミが捨てられない人向けの解決策について解説していきます。

スポンサーリンク

ゴミ出しが朝起きれないからムリ!3つの解決策

一人暮らしで賃貸アパートやマンションに住んでいると、朝のゴミ出しは自分の役目。

でも、早起きが苦手だと、ついつい収集時間を過ぎてしまい、出せないゴミが溜まってしまうはず。

そんなときは、こんな3つの解決方法をお勧めします。

  • 管理会社や大家さんに相談する
  • 自分でゴミ焼却施設に持ち込む
  • 24時間ゴミ出しが出来る賃貸マンションに引っ越す

私の友人が24時間ゴミ出しOKなマンションに住んでますが、めちゃくちゃ便利だって言ってましたよ。

管理会社や大家さんに相談する

大抵の賃貸アパートやマンションでは、ゴミを出していいのは「収集日当日の早朝~ゴミ収集車が来るまで」の間です。

この常識的な時間帯にどうしてもゴミ出しができないときは、賃貸の管理会社や大家さんに相談してみましょう。

賃貸のゴミ捨て場を管理しているのは管理会社や大家さんなので、ゴミ出しのルールを多少変更してくれる可能性がありますよ。

たとえば、こんな条件に。

  • 前日の夜からならOK
  • 蓋付きのバケツに入れて出せばOK

こんなふうに条件を緩めてくれる可能性がありますから。

特に若い単身世帯がたくさん住んでいると、学生や夜勤を専門にする人が多いはず。

そういった「夜型人間」たちの声が集まれば、事情に合わせて柔軟に対応してくれるかもしれません。

相手(管理会社や大家さん)も借り手がいなくなったら損失ですからね。

デメリット・難点

今住んでいるのがゴミ出しのルールが守られていない賃貸、周辺の治安が悪い地域……。

そんな場所だとルール変更の要望には、耳を貸してもらえる可能性は非常に低いと言わざるを得ません。

管理会社も大家さんも周辺住民からクレームが来ることを恐れていますので。

自分でゴミ焼却施設に持ち込む

一部の地域では、自分で直接ゴミを「ゴミ焼却施設」に持ち込むことが可能です。

持ち込めるのは基本的にどこでも「燃えるゴミ」のみ。

こうした自分で持ち込みが可能な施設は、「清掃工場」・「クリーンセンター」とも呼ばれたりします。

持ち込みできる日は各施設によって違いますが、月~金の平日と、土曜日まで可能な場合も!

朝、どうしても起きられないという人は、こういう施設を利用するのもひとつの手ですね。

デメリット・難点

もちろん、ゴミ焼却施設までゴミを持ち運ぶための移動手段(自動車か自転車)が必要。

生ゴミなど腐りやすいゴミを自宅でしばらく保管しなければならないデメリットもあります。

くわえて、ゴミの重さに合わせて処分料を支払う必要も……。

短期間ならまだしも、長期間このような捨て方を続けるのは現実的ではないでしょう。

そもそも都市部にはこのような施設は少なく、あるのは私が住むような中心部から少し離れた地域のみに限られます。

※基本的に、ゴミの持ち込みが許されるのは、その地域に住む住民のみ。

持ち込む際に身分証明書の提示を求められる場合がありますから、ヨソから持ち込むのはムリです。

24時間ゴミ出しが出来る賃貸マンションに引っ越す

24時間いつでもゴミ出しが出来るタイプの賃貸マンションをご存知でしょうか?

普通、賃貸でも一戸建てでもゴミ出しをしていい時間帯は、管理会社や自治体等によって厳密に決められています。

しかし、「24時間ゴミ出し可能な賃貸」の場合、深夜だろうが真っ昼間だろうが、24時間いつでもゴミ捨て場にゴミを出していいんですね。

しかも1年365日、日付を問わず。

朝が弱い人はもちろん、夜勤でゴミを出していい時間帯に家に居ない人、朝はまだ熟睡している時間帯という人にうってつけのシステム。

これから一人暮らしをする人、いままさにゴミ出しで困っている人は、思い切って「24時間OK!」の物件に引越しをしてみては?

デメリット・難点

24時間、時間を問わずゴミ出しできるなんてパラダイス!

う思ってしまいますが、悲しいことにデメリットも当然あります。それがこの3点。

  • 物件数が少ない
  • 家賃が高くなる傾向がある
  • ゴミ捨て場周辺がいつも臭う

「24時間ゴミ出しOK」の物件は、まだ築浅の新しい賃貸に多く、古い賃貸ではまず対応していません。

そのため物件総数がまだまだ少なめ。

しかも、24時間ゴミを出せるシステムは管理会社に負担がかかり、その負担料が「家賃」として上乗せされるのは容易に想像がつきますよね?

また、ゴミ捨て場に生ゴミが置きっぱなしになると、夏場なんて周囲に悪臭が漂うのは当然。

どれだけ密閉式の集積所でも、臭いは多少漏れますから……。

目の前を通る時に悪臭を感じたりするのは覚悟するべきでしょう。

夜勤でゴミ出しできない人の対処法

夜勤が多かったり、夜勤専門で働いている方は、職場からの帰宅が朝の9時~10時くらいですよね。

そうなると大抵の場合は、ゴミ収集車が回収した後です……。

そんな夜勤で働く方はどうやってゴミを捨てたらいいかというと、まず相談してみてください。

  • 一軒家に住んでいるなら町内会の会長や役員
  • 賃貸に住んでいるなら不動産会社か大家さん

お住まいの住居形態により相談する相手は変わりますが、相談内容は一緒です。

「夜勤なのでゴミが捨てられません。どうしたら良いでしょうか?」

このように直接でも電話でも連絡してみましょう。

もし、相談しても「なんとか収集時間に間に合うように出してください」と努力を求められたら、もうどうしようもありません。

そうなったら、もう選択手段は以下の2つに絞られます。

  • 自分でゴミ焼却施設に持ち込む
  • 24時間捨てられるマンションに引っ越す

ただ、どちらにしろすぐにゴミを捨てることはできませんので、当面の対策としては、仲の良い友人の家にゴミを持参し、代わりに捨てるように頼むしかないですね……。

※老人介護施設で夜勤専門で働く友人がいますが、仕方なく前日の夜に出していると言っていました。

そういう人は意外と多いのかもしれませんが、表向きはルール違反ですから他の方法を探すべきですね。

ゴミ出しする朝に早起きする3つのテクニック

私も昔から早起きするのが苦手だったから、たまにゴミを出す時間がなくて、そのまま出社することがありました。

でも、一人暮らしで誰にも頼れないという危機感から、いろんな早起き方法を試したんですね。

そのなかで私自身が効果があったと実感した「早起きテクニック」がこの3つ。

  • 起床時間の前から音楽をかける
  • 好きなメニューの朝食を特別に用意する
  • カーテンを開けたまま寝る

全部を一度にやるのは無理でも、どれかひとつまず騙されたと思って試してみてください。

起床時間の前から音楽をかける

起きなきゃいけない時間に合わせて目覚し時計をセットするのは当たり前。

……ですが、突然「ジリリリリ~~!」と大音量でアラームが鳴って、強制的に起こされるのって不快じゃないですか?

腹が立つから、つい目覚ましをオフにして腹いせに二度寝をしちゃったり。

二度寝するとゴミ出しに間に合わないことは確定です。

それを避ける最良の方法は、目覚し時計が鳴る起床時間の30分ほど前から、小さな音量で穏やかな曲が再生されるようにセットしておくこと!

この方法だと、起床時間の少し前から半覚醒状態になり、身体が目覚める準備を始めます。

そして、アラームが鳴るころには、ほとんど目が覚めている寸法。

だから、ベテランパイロットが旅客機をソフトランディング(軟着陸)するように目覚められるんですね。

曲目は、クラシックでもバラードでも、あさイチで聴いても不快にならないメロディーならなんでもOK。

いまどきCDラジカセやコンポを持っている人は珍しいと思いますが、タイマー付きの安い機種を買う価値は十分にありますよ。

好きなメニューの朝食を特別に用意する

朝、定時に起きられないのは「起きるモチベーションに欠ける」のも理由のひとつ。

だったら、朝に何か楽しみがあったら、起きるモチベーションが高まりませんか?

そのひとつとして提案したいのが、朝食に自分が好きな食べ物を用意しておくこと。

人気のベーカリーのパンでもいいし、コンビニの高めのおにぎりでもなんでもかまいません。

寝床に横になるとき「明日の朝はアレが食べられる、楽しみ~」と思えるようなメニューですね。

これさえあれば、多少眠くても目覚ましが鳴ったらパチっと目が冴えるはず。

カーテンを開けたまま寝る

朝、なかなかシャッキリと目が覚めないのは、就寝モードから活動モードに身体が移行しないため。

身体が眠っている状態から、自然と目覚めさせるには太陽の光に当たるのがベストなんです。

ただ、部屋に分厚いカーテンをかけて寝てしまうと、朝、太陽がのぼっても部屋の中は暗いまま……。

一人暮らしだと親が勝手に部屋に入ってきて「朝だよ!」とカーテンを開けるようなイベントは起こりません。

ですから、部屋の電気を消して眠る前に遮光カーテンは開けてしまいましょう。

窓のすぐ外に電飾や電灯が光っているとか、真冬で外の冷気が伝わってきて眠れないなど特別なケースを除けば、カーテンを開けたまま寝るのは問題ありませんから。

ちょっとだけ違和感はあるかもですが、すぐに慣れますよ。

スポンサーリンク

ゴミを減らしてゴミ出しの回数を減らす方法

朝、ゴミ出しのために起きられない人でも、がんばれば週に1回くらいは起きられるのでは?

ゴミ出しを週1回に抑えるための「ゴミを減らす工夫」がこの2つ。

  • 生ごみ処理機で生ゴミは自分で処理する
  • 資源ゴミをスーパーの回収に出す

基本的に生ゴミは自分で処理し、資源ゴミはなるべくヨソで捨てて、ゴミを極限まで減量しちゃいましょう!

生ごみ処理機で生ゴミは自分で処理する

「生ごみ処理機」とは、台所で出る生ゴミを温風で乾燥させて圧縮できる電化製品のこと。

処理できる生ゴミはこんなものです。

  • ご飯や麺類
  • 肉や魚(魚の骨も)
  • 野菜くず
  • 果物の皮

これらの生ゴミを例えばパナソニックの生ゴミ処理機なら、約7分の1の分量まで減らすことが可能。

しかも、処理した生ゴミはカサカサの乾いたゴミになるので、部屋に置いておいても腐って臭いを放つことはありません。

処理した生ゴミは週に1回(または月1回でも平気でしょう)捨てる以外にも、家庭菜園の土に混ぜれば有機肥料にもなります。

ここまでくるともう捨てる必要もなくなりますね。


※貝殻・牛や豚や鶏の骨・大量の果物の皮や卵の殻などは処理できません。
※一部の自治体では生ごみ処理機の購入に補助金がでる場合もあります。

資源ゴミをスーパーの回収に出す

肉や魚が入れられた発泡スチロールのトレイ(プラゴミ)や牛乳パックは、一部のスーパーでは店頭で回収しています。

こうしたプラ系のゴミや牛乳パックは、溜まるとかなり場所を取り、家に長く保管するのは邪魔ですし、捨てるのも面倒です。

ですから、スーパーに買物に行く際に持参し、ちょこちょこと捨てていくといいでしょう。

また大手スーパーでは、アルミ缶やペットボトルも回収していますので、ごみ減量のためにありがたく利用させてもらうといいですね。

ゴミ出しの時間

朝に起きられないなら、夜のうちにゴミ出しをしたいと考えたくなるのは理解できます。

しかし、一般的にゴミ出しの時間は午前6時~午前8時くらいが常識とされています。

それ以外の時間にゴミを出すと、周辺住民に迷惑になるので避けるべきなんですね。

一戸建てとアパート・マンションのゴミ出し時間は違う?

住んでいる住居の形態(一戸建て・アパート・マンション)によって、ゴミ出しの時間は違うのでは?

そう思うかもしれませんが、基本的にどれも一緒です。

ゴミ出しの時間は自治体ごとに定められているため、一戸建てでも集合住宅でも変わりません。

その地域のルールを守って捨てる必要があるんですね。

ゴミ収集車が来る時間

ゴミ収集車がやけに遅いと感じるときがありませんか?

ゴミ収集車は決まったルート順に集積所を回って、ゴミを回収していきます。

その時間は午前8時台からスタートし、すべて回収し終えるのは午後3時を回ることも……。

そのため、ちゃんと午前8時までにゴミを出したのに、ゴミ収集車が来たのは午後2時ごろだった……なんてこともありえるわけです。

この回収する時間さえ把握しておけば、午前8時までに間に合わず、お昼ごろになってゴミを出しても回収もらえます。

アパートのゴミ集積所をチェックして、まだゴミが積まれていたらセーフの時間帯。

それを確認してから、遅れてゴミを出すことが私もあります。

ただ、ゴミ収集車が回収するルートは、その日の天候や交通事情で時間が前後するため、毎回一定ではありません。

うっかり収集後にゴミを出してしまうと、迷惑ですし、アパートなら管理人から怒られ、一戸建てなら町内会の人から苦情が出る可能性も。

ですから原則的にゴミ出しの基本時間は守るべきですね。

ゴミ出しの時間を守らないといけない理由

ゴミを指定時間に出さないといけない理由は、何も悪臭が漂ったり景観が損ねるからだけではありません。

こんな実害が出る可能性もあるんですよ。

  • 野良猫やカラスが生ゴミを漁って散らかす
  • 不審者に放火される
  • 転売目的や興味からゴミを持ち去られる

やはりゴミは、集積所に出してからできるだけ短時間のうちに回収してもらわないと。

ですから、たまたま早朝に起きたからといって、朝の4時~5時から出すのもトラブルの元になるんですね。

スポンサーリンク

まとめ

ゴミ出しのために朝起きられない人は

  • 管理会社や大家さんに相談する
  • 自分でゴミ焼却施設に持ち込む
  • 24時間ゴミ出しが出来る賃貸マンションに引っ越す

このどれかの方法で対処しましょう。

私は大学生の頃、深夜のバイトをしていたので、昼夜逆転生活を送っていたこともありましたっけ。

だからよくゴミを出せないで困ってましたね。

しかも大家さんが一階に住んでいたので、ゴミ出しのルールも厳しくて、時間外に捨てるなんてもってのほか!

あの頃に比べれば今は抜け道もあるので、ずいぶんゴミ捨ては楽になったと思いますよ。

西門 カジカ

一人暮らし歴20年以上のアラフォー会社員。ズボラな性格でいかに家事の手間を減らせるか、いろいろ試すのが大好き。ゴキブリが大の苦手。

西門 カジカをフォローする
スポンサーリンク
スポンサーリンク
ズボラ家事
カジカ文庫

コメント

タイトルとURLをコピーしました