急にゴキブリが出るようになった!絶句する7つの原因とは?

スポンサーリンク

突然、大きなゴキブリが出現!

つい先日まではほとんど(まったく)出なかったのに、急に出るようになるからビックリしますよね?

一匹だけソロで出たり、あるいは大量発生したり。

いったいなにが起こったんだ?

ってパニックになるのは当然でしょう……。

そこで、ここでは

  • 急にゴキブリが出るようになった原因
  • 急に現れたゴキブリの侵入経路
  • 即効性が高い駆除方法

こんなお役立ち情報をお届けします。

住んでいる家は一軒家・アパート・マンションなど人それぞれですが、「Gの出現率アップ」の原因は一緒。

また、夏と冬など季節が違っても一緒です。

もちろん、寝室や台所、リビングなど場所ごとの違いもありません。

スポンサーリンク

急にゴキブリが出るようになった7つの原因

急にゴキブリが出るようになったのは、この7つの原因のうちのどれかです。

  1. 家に持ち込んだ荷物に成虫か卵が付いていた
  2. 窓やドアを開放したときに侵入した
  3. 外から飛来して侵入してきた
  4. 排水トラップの水が蒸発し侵入できるようになった
  5. 隣の住人が引越しをしたから移動してきた
  6. 隣の住人がバルサンを焚いたから移動してきた
  7. 階下や近隣に飲食店が開店した

いっこいっこチェックして、ご自分の家(部屋)に思い当たる節がないか検証してみてください。

家に持ち込んだ荷物に成虫か卵が付いていた

家(部屋)に持ち込んだ「何らかの荷物」にゴキブリの成虫が忍んでいたか、もしくはゴキブリの卵が入り込んでいた可能性です。

荷物の種類として、以下のような犯人が考えられますよ。

  • 洗濯物
  • 宅配便のダンボール
  • もらってきた使用済みダンボール
  • 購入した植物(植木鉢)
  • かばん
  • 服や靴
  • 中古品の家電製品

ゴキブリはダンボールを好みます。

なので、実家から送られてきた食料品のダンボール箱だとか、スーパーで貰ってきた使用済みダンボールにくっついてくるケースは多いそうです。

夜干しの洗濯物を取り込んだときに、知らずにくっついてくることも……。

また、ホームセンターなどで購入した観葉植物の鉢のなかに潜んでいてもおかしくありません。

※パソコン等の熱を持つ電化製品もゴキブリの巣になりやすく、中古品を買ってきたり友人から譲り受けた際に一緒に持ち込むケースもありえます。

窓やドアを開放したときに侵入した

窓やドアを開けていたわずかな時間に、運悪くスッと室内に侵入するケースもあります。

  • 窓を開けたまま洗濯物を取り込む
  • 宅配便を受け取るために玄関ドアを開けたままにする
  • 網戸を開けたまま窓も開けて換気をした
  • ペットが勝手に窓を開けてしまった

こんな瞬間を狙ってゴキブリがササッと入ってきちゃいます。

また、ありがちなのがサッシや網戸が劣化して隙間ができてしまい、そこから侵入を許すことも……。

外から飛来して侵入してきた

アパートやマンションの高層階で、いままで室内やベランダにも一切ゴキブリが出なかった場合。

そこに急に出るようになったら、外から飛来してきた可能性も考えられます。

ただ、空を飛べるのは「クロゴキブリ」のみ。

全身が真っ黒のゴキブリがクロゴキブリです。

電柱や隣の建物から飛び立ったクロゴキブリがあなたの部屋の外壁に着地し、魔が悪く窓を開けていたときに侵入したのかもしれませんね。

※全身が茶色いチャバネゴキブリにも羽根がありますが、あれは飾りに近く、空を飛ぶことはできません。

排水トラップの水が蒸発し侵入できるようになった

急にゴキブリが出るようになった少し前に、旅行か出張などで家を不在にしていなかったでしょうか?

もしそうだとしたら、トイレや風呂の排水口からゴキブリが侵入した可能性があります。

トイレや風呂の排水口には「排水トラップ」という、水をためて悪臭や害虫・ネズミ等が上がってくるのを遮る仕組みがあります。

排水トラップにたまっている水を「封水」といいますが、この封水が蒸発してしまうと容易にゴキブリが侵入してしまうんですね……。

夏は気温が高いため約1ヶ月で蒸発してしまうとか。

長期間家を留守にする際は、排水口にフタをしておくか、「封水蒸発防止剤」を使いましょう。


隣の住人が引越しをしたから移動してきた

アパートやマンションだと、隣の部屋の状況がもろに影響します。

隣人の部屋では不潔でゴキブリがよく発生していたものの、その住人が引越しをしたことでゴキブリのエサや、生存に快適な環境が無くなったとします。

すると、その部屋を巣としていたゴキブリたちがよりよい環境を求めて、あなたの部屋に「お引越し」をしてくることも……。

急に出るようになったら、隣の部屋の状況も確認しましょう。

隣の住人がバルサンを焚いたから移動してきた

バルサンは殺虫成分のある煙を部屋全体に行き渡らせて、一斉駆除する商品です。

隣の住人がバルサンを使うと、その煙を嫌って部屋から逃げ出し、あなたの部屋へと避難してくるケースも……。

空き家の状態でバルサンを焚いてゴキブリを一掃してから、引越してくる人も多いそうです。

最近、隣の部屋に新しい人が越してきたな……という場合はそれが原因かもしれませんね。

階下や近隣に飲食店が開店した

アパートやマンションの階下(一階のテナント部分など)に最近になって飲食店が開店していませんか?

また、一軒家なら隣や数軒先などにオープンしていないでしょうか?

そもそも飲食店は

  • 食べ物(エサ)が豊富にある
  • 調理に火を使うので暖かい
  • 洗浄や調理に水を使うので水気が多い

こんなゴキブリにとってのパラダイス的な環境なので、たくさん寄ってきて繁殖し一大拠点になります。

また、店の外に生ゴミを出すので、そこにゴキブリが集まり、たまたまあなたの家(部屋)へとたどり着く可能性は十二分にあるでしょう。

外に急にゴキブリが出るようになったのは玉ねぎが原因

一軒家の庭や外壁、アパートやマンションのベランダなど「外」に急にゴキブリが出るようになったのは、玉ねぎが原因の場合が多いですよ。

大量の玉ねぎを長期保存するために、軒先やベランダの物干し竿に吊るしている光景をたまに見かけます。

西門カジカ
西門カジカ

しかし、ゴキブリは玉ねぎが大好物!

自分で作るゴキブリ団子(ホウ酸団子)のレシピには、大量の玉ねぎが欠かせません。

要するに、みすみすゴキブリを招き寄せる行為をしているわけですね。

ゴキブリは柑橘系の匂いが嫌いなので、玉ねぎと一緒にレモンの皮を一緒に吊るしておくと忌避効果があると言われています。

しかし、それで誘引効果が相殺されるとも限らないので、玉ねぎを吊るす保存方法はやめたほうが無難でしょう。

スポンサーリンク

急に現れたゴキブリの侵入経路

部屋に急に現れたゴキブリの侵入経路は、だいたい以下の5つに限定されます。

  • 玄関ドア
  • 排水口
  • 荷物
  • エアコンのドレンホース
  • 換気扇

玄関ドアや窓、排水口や荷物はすでに説明済みなのでカットしますが、エアコンとドレインホースも要注意です。

エアコンのドレンホース

エアコンのドレインホースとは、室内のエアコン本体から出た水を屋外に排出するための管のこと。

通常、室外機の横から地面へ垂れています。

エアコンを使用すると外が濡れているのは、ドレンホースから出た水なんですね。

このドレンホースは細いですが、子供や小型のゴキブリなら通り抜けて室内へと入り込む可能性はあります。

最近エアコンを設置してから、急にゴキブリが出るようになったとしたら疑ってみる部分ですね。

侵入を阻止するのは簡単で、ドレインホースの先にストッキングの切れ端をかぶせてゴムで留めるか、専用のキャップを購入すればOKです。


換気扇

古いタイプの換気扇はファンと壁の間に隙間があるため、容易にゴキブリが侵入してきます。

どんなタイプなら平気なのか、またどうやって対処するかは以下の記事にまとめていますのでご覧ください。

【管理人イチオシ】即効性の高いゴキブリ駆除方法

突然ゴキブリが出現するようになったら、うかうかしていられません。

即刻手を打たないと、室内で卵を産んで繁殖し、定住してしまう恐れがあります。

そこで20年近くゴキブリと戦い続けてきた管理人がお勧めするのが、ブラックキャップ。

ブラックキャップは「毒餌剤(どくじざい)」という毒のエサを仕掛けるタイプの駆除剤で、それを食べたゴキブリだけじゃなく巣にいる仲間ごと根絶やしにできるんですね。

即効性が高く、設置して1~2日でゴキブリの姿を見かけなることも!

ゴキブリホイホイやバルサン系よりも私は断然こっち派ですね。

くわしい使い方や置き場所はこちらの記事をご覧ください。

スポンサーリンク

まとめ

急にゴキブリが出るようになったのは、こんな理由からです。

  • 荷物に成虫か卵が付いていた
  • 窓やドアをうっかり開けたままにした
  • 屋外から飛んできた
  • 排水トラップの封水が蒸発していた
  • 隣人の引越しがきっかけ
  • 隣人がバルサンを焚いた
  • 階下や近隣に飲食店ができた

私が住む部屋でも今年一匹だけ突如姿を現しました。

おそらく窓がほんの少し開いたままになったいたので、そこからヒョッコリ入り込んだのでしょう。

幸いなことにブラックキャップを設置したので、自ら手を下すことなくすぐに姿がみえなくなりましたが。

いくら室内を清潔にしていてもアクシデントで侵入する場合もあります。

普段から気をつけるとともに、念の為ブラックキャップ等の毒餌剤を毎年設置すると安心ですよ。

西門 カジカ

一人暮らし歴20年以上のアラフォー会社員。ズボラな性格でいかに家事の手間を減らせるか、いろいろ試すのが大好き。ゴキブリが大の苦手。

西門 カジカをフォローする
スポンサーリンク
スポンサーリンク
害虫対策
カジカ文庫

コメント

タイトルとURLをコピーしました