一人外食が不愉快な5つの理由|イライラする心理の謎を解明

スポンサーリンク

一人外食が不愉快な5つの理由

先日、友達とファミレスに食事に行ったんですね。

そのとき隣で30代くらいの女性が一人で食事をしていたんです。

その光景を横目でチラチラ眺める友達が

ああいう平気で一人で外食する人間を見ると、イライラするっていうか、ムカつくんだよね。

って、ボソリと呟いたんですね。

それを聞いた私はギクッとして、食欲がみるみる減退……。

私自身、しょっちゅう一人外食をしているものですから。

というわけで、ここでは

  • 一人外食をする人の事情
  • 一人外食をする人をみると不愉快になる理由
  • 一人外食を見ても苛つかないヒント

などなど、一人暮らし歴が20年以上で、頻繁に一人外食する私が解説していきます。

たぶん、これを読めば「する人/見る人」の双方の間にそびえる高い壁が崩れるはずですよ。

スポンサーリンク

一人外食という不愉快な行為をする9つの理由

一人外食をする人を目にすると不快な感情が湧いてくる人は、「なぜ一人でメシを食べないといけないのか?」理解が及ばないようです。

その事情は人それぞれ違って、複雑なんですね。

思いつくだけでも、こんな9つの理由があります。

  1. 自炊ができないため
  2. 料理はできるけど今日は作る気がしないため
  3. 外食に誘える家族・友人がいないため
  4. 家で一人で食事するのが寂しいため
  5. 仕事や遊びで帰りが遅くなったため
  6. 一人で気ままに食事を楽しみたいため
  7. 外回りや出張など仕事中のため
  8. 職場の同僚と休憩のタイミングが合わなかったため
  9. 「一人旅」の途中のため

自炊ができないため

大学生や社会人になり一人暮らしを始めたばかりで、

自炊がまったくできない……。

急に単身赴任になったけど、自炊経験がなくて料理はダメ……。

若い男性や女性が一人寂しく外食をしていたら、このケースがもっとも多いはずです。

料理はできるけど今日は作る気がしないため

「一人暮らしの人あるある」のひとつ。

料理はできるけど

  • 今日は作るのが面倒くさい
  • 自分で作る料理は食べたくない

こんな日が月に何度か確実にあります。

私もそうですが、そんなときはパァ~っと贅沢して一人で外食に出かけるんですね。

外食に誘える家族・友人・恋人がいないため

たまの贅沢の外食でも、独身だったり、友達や恋人、家族がそばに住んでいなかったりして、仕方なく一人外食する人もいます。

本当は誰かと食事をしたくても、それができない気の毒な人です。

家で一人で食事するのが寂しいため

私自身も時々ありますが、一人暮らしのアパートの狭いリビングで“一人で食事をかきこむのが妙に虚しい”というか、寂しい日もあるんですね。

そんなときはたとえ一人でも、周りに人がいっぱいいて、ガヤガヤとにぎやかな中で食事をしたくて牛丼屋とかラーメン屋に行くことがあります。

仕事や遊びで帰りが遅くなったため

仕事が残業になったり、遊びに出かけて遅くなったけど、家でご飯を作って待っててくれる人がいない……。

かといって帰ってから料理をするのも面倒くさいし、お弁当や惣菜を買うには時間が遅すぎる。

そんな日は、夜遅くなって人の姿もまばらな深夜営業のファミリーレストランに寄ることもあるでしょう。

一人で気ままに食事を楽しみたいため

外食に誘えばまずOKしてくれる友人はいるけれど、毎回、誘うのも気が引けるし、しゃべるせいで時間が長くなってめんどうくさい……。

だから、一人外食を選択する日もあります。

一人外食ならこんなメリットも。

  • 自分の好きな店やメニューを選べる
  • 他人に気を遣わずに料理を味わえる
  • 自分のペースで食べられる

一人飯を「楽しめるタイプ」の人も世の中にはいるんですね。

外回りや出張など仕事中のため

スーツや作業着姿の人が一人外食をしていたら、それは外回りや出張中に食事を摂るためでしょう。

  • サラリーマン(営業職)
  • タクシードライバー
  • トラック運転手

こういうタイプの人は仕事柄、一人外食には慣れていて、メニューも見ないで注文して、さっと食べて会計を済ませてしまうので惚れ惚れします。

職場の同僚と休憩のタイミングが合わなかったため

平日の昼下がりにぴしっとスーツ姿で「一人外食」をする人をよく見かけます。

でも、別に孤独を気取ってヒトリで食べているわけではないのかも?

いつもは職場の同僚と一緒に外食をする人でも、たまたま休憩のタイミングが合わなくて仕方なく一人外食をしているのかもしれません。

「一人旅」の途中のため

なんとなく場の空気に慣れてない人が、おどおどと注文していたら、それは「一人旅をしている人」かもしれません。

一見さんお断り・常連さんで占められる飲食店でも、このタイプの人は知らずに足を踏み入れます。

でも、事情がわからないのですから、温かく対応したいところ。

スポンサーリンク

一人外食する人を見ると不愉快でイライラする5つの理由

一人外食する人を見ると不愉快でムカムカしてくる……。

でも、それがなぜなのか、理由を言葉にできない……。

私の友人もそのタイプで、相手が何か悪いことをしているとは思えないからこそ、自分の感情を持て余しているんですね。

その感情を私なりに追求すると、こんな5つの理由が隠されていると分かってきました。

  1. 自分ができないことを見せられているため
  2. お店に迷惑をかけていると感じるため
  3. 外食は「楽しいもの」という固定観念が強いため
  4. 一人外食を「恥ずかしいこと」だと思っているため
  5. 自分は群れている優越感から見下してしまうため

自分ができないことを見せられているため

世間には「一人では外食ができないタイプ」の人も多く存在します。

また、結婚して小さな子供がいて、とても優雅に一人で外食を楽しめる時間が持てない人もいます。

そんな人が一人外食を満喫している人を見たら、イラッとくるのでは?

つまり、自分ができないことを他人がやっているのが許せないわけです。

お店に迷惑をかけていると感じるため

一人客なのに4人席を専有していたり、狭い駐車場なのに1人で1台分のスペースを使っていたり……。

はたまた「ファミリー」レストランなのに、ファミリーじゃないシングルで利用していることに苛立つ。

つまり、勝手に自分が「お店側の立場」になって憤慨しているわけです。

外食は「楽しいもの」という固定観念が強いため

外食は家族や友人など大人数でワイワイ楽しむイベントだという固定観念が強い人もいるでしょう。

たしかに私も昔は「外食」といえば、ハレのイベントでしたね。

そんな楽しいイベントを暗い顔で寂しく一人でやっている人を見ると、不愉快に思うのも自然かもしれません。

一人外食を「恥ずかしいこと」だと思っているため

「一人外食=食事をする相手がいない」と解釈し、恥ずかしい行為だと思い込んでいる人もいます。

それって酷な言い方をすれば、想像力が貧しい証明で、ただの偏見に過ぎません。

でも、そんな見方をする人は多く、ウワサでは諸外国ではそれが普通の認識なんだそうです。

自分は群れている優越感から見下してしまうため

私は以前、バイキングがある某イタリアンレストランで一人外食をしていたら、うしろに並ぶカップルから

うわ、ひとりバイキングwww

www

と、こちらをバカにする陰口が聴こえてきたことが……。

人って群れると気持ちが大きくなりますし、自分たちより少ない人数のグループ(特にぼっち)には、強い優越感をもつようです。

簡単に言えば、見下してしまうんですね。

一人外食に理解を深めるヒント

女性の一人客

私は「一人外食をする側」の人間なので、すこしでも偏見を取り払いたいと思っています。

一人外食をする人を見ると、ムカムカして不愉快になる人には、以下の4つの事実を認めて理解してもらいたいですね。

  1. 一生独身が増えているから仕方がない
  2. 一人カラオケと同じ行為
  3. 冷たい視線に負けない強いメンタルがある
  4. 店側にも一人客はメリットがある

一生独身が増えているから仕方がない

人生で一度も結婚しない「生涯未婚率」は、こんなに高いんですよ。

  • 男性:約24%
  • 女性:約15%

男性なら約4人に1人が一生独身なんですから、そこらの定食屋とか回転寿司とか中華レストランで、寂しく一人外食する人がいるのは当然。

しかも未婚率は右肩上がりで上昇しているので、これからはもっと増えるはず。

一人でメシを食う姿くらい大目に見てもらいたいですね。

一人カラオケと同じ行為

カラオケって基本は大勢で行ってギャーギャー騒ぐのが楽しい遊び。

でも、ひとりでじっくり歌いたい日は「一人カラオケ」をします。

外食もそれと同じで、ひとりでじっくり味わって食べたい日もあるので、暖かく見守ってほしいところ。

冷たい視線に負けない強いメンタルがある

実は一人外食する側だって、堂々と楽しく食べているわけじゃありません。

周りの人たちからは

冷たい視線を向けられているんだろうな……

と分かったうえで、それに負けない強いメンタルでのぞんでいるんです。

ほんとは肩身が狭くて

  • カウンター席がある店を優先
  • 2人席ならギリギリOK
  • 4人席が中心の店はなるべく利用しない

こんな基準をもって、店選びにも慎重なんですね。

どうかそのあたりを理解して、後ろ指を指したり、あからさまに嫌な顔をしないでもらえるとありがたいです。

店側にも一人客はメリットがある

一人外食を店側の立場で非難する方もいますが、実際は店側にはメリットもあるんですね。

店側にとっての一人客のメリットがこちら。

  • 合席やカウンター席でも文句を言われない
  • 一人だから静か
  • 食べたらすぐ立つ(回転数がアップ)

さすがに4人テーブルにひとりで座られたら迷惑でしょうが、それ以外なら店にとっては上客なんです。

スポンサーリンク

まとめ

  • 一人外食をする人にはそれぞれ事情がある
  • 一人外食を見て不愉快になる人の理由も様々ある
  • 店側には一人客を迎えるメリットがある

不愉快に思う方は、一人で食事をしている人にも様々な事情があると少しだけ想像してもらって気を静めてほしいですね。

それと店側には「おひとりさま席」を作っていただきたいところ。

最近では焼肉店でも登場していますが、ファミレスやハンバーグレストランなどでもどんどん導入してほしいです。

この場を利用して、飲食業界の方にお願いします。

西門 カジカ

一人暮らし歴20年以上のアラフォー会社員。ズボラな性格でいかに家事の手間を減らせるか、いろいろ試すのが大好き。ゴキブリが大の苦手。

西門 カジカをフォローする
スポンサーリンク
スポンサーリンク
悩みとトラブル
カジカ文庫

コメント

タイトルとURLをコピーしました