ダンボールの購入はどこで?直接買える店・通販サイト12選

スポンサーリンク

ダンボールはどこで購入できる?

引越しや荷物を送るときに絶対に必要なのがダンボール。

子供の工作や学校の授業(文化祭)などでも必要になるときがあります。

最近ではメルカリやヤフオクなどネットオークションで商品を送るときも必要になるので、昔よりもお世話になる機会が増えていますよね?

そこで、この記事では

  • 段ボールを直接買える店
  • 通販でダンボールが購入できるサイト
  • 必要な個数や用途に合わせた最適な購入場所

などなど、ダンボールはどこで購入できるの?とお困りの方に役立つ情報をまとめていきます。

スポンサーリンク

ダンボールを直接購入できる店

ダンボールが今すぐ欲しいという方は、直接お店に行って購入したいですよね。

そんな店頭で新品のダンボールが買えるお店がコチラです。

ホームセンター

もっとも身近で様々なサイズのダンボールが購入できる店といえば、なんといってもホームセンターの右に出る店はありません。

購入単位も1個(1箱)からバラ売りしているので、必要な個数だけを買うことが可能。

値段は1個当たり小さいサイズで100円~、大きいサイズで300円~ほどです。

ホームセンターではダンボールは、梱包用品売場か資材用品売場に置いてあるので探してみて下さい。

※売り場が広すぎて見つからない場合は店員に訊ねましょう。

各ホームセンターで取り扱っている主なダンボールのサイズ(種類)がコチラです。

店舗名 取り扱う主なダンボールのサイズ
コーナン 240×170×124mm
350×235×160mm
335×240×226mm
395×335×270mm
424×303×333mm
486×366×298mm
208×163×126mm
506×377×386mm
576×378×500mm
カインズホーム 238×218×137mm/60サイズ
368×268×157mm /80サイズ
438×318×237mm/100サイズ
548×398×247mm/120サイズ
658×438×297mm/140サイズ
728×438×427mm/160サイズ
コメリ 250×190×140
330×240×160
390×290×230
450×330×300
500×350×340
550×400×340
450×450×400
600×450×400
白 330×240×160
白 390×290×230
白 450×330×300
白 500×350×340
取手付 450×330×300
取手付 500×350×300
取手付 600×350×320
ナフコ 縦300X横240X高260mm
縦400X横295X高305mm
縦480X横370X高350mm
縦580X横380X高440mm
ロイヤルホームセンター 80-100サイズ(兼用)
120サイズ
160-180サイズ(兼用)
※店舗や時期によって異なりますので、直接足を運んでお確かめください。

ホームセンターは店舗によって無料で運搬用の車を貸してくれるので、大量にまとめ買いすることも可能ですよ。

東急ハンズ

家庭雑貨からインテリア商品、DIYグッズまで手広く扱うおしゃれなホームセンターとも言える東急ハンズ。

そんな東急ハンズでもダンボールは取り扱っている場合があります。

ダンボールが売っているかどうかは、お近くの東急ハンズの店舗の「フロアガイド」をご覧ください。

「ツール&マテリアル」というフロアに、梱包用品という品目があればダンボールが売っています。

よく分からない場合は、思い切って店舗に電話で訊ねると確実ですよ。

⇒東急ハンズの店舗一覧はコチラ

※東急ハンズと同系統の店であるロフトで売っているダンボールは「バンカーズボックス」というタイプです。

バンカーズボックスとは、アメリカでよく使われる蓋と取手が付いた書類や小物を保管するための紙の箱なので、配送や引越しの用途には向きません。

100円均一ショップ(百均)のダイソー・セリア・キャンドゥ

なんでも100円で買える店として大人気の100均ショップでもダンボールは買えますよ。

値段はもちろん100円。

100均ショップのビッグスリーことダイソー・セリア・キャンドゥで買えるダンボールの種類とサイズがコチラ。

百均の店舗名 サイズ
ダイソー B5(271×196×120mm)
A4(315×225×138mm)
セリア B4(385×275×215mm)
キャンドゥ A4(315×225×138mm)

さすがに種類は少なく、取り扱っている店舗はマチマチです。

ちなみに私の家のそばにあるスーパーに併設された小さなダイソーでは取り扱いがありませんでした。

このなかでもっとも大きいのがセリアのB4タイプ。

これくらいのサイズなら引越しなど大きな荷物を入れるのにも使えるでしょう。

※セリアで売っている「プレンティボックス」はバンカーズボックスと同じようにフタと取手が付いた書類や小物の収納用です。

配送には向きませんのでご注意ください。

郵便局

郵便局に行くと、窓口の奥の方に畳んだダンボールが並んでいますが、実はあれって売り物だってことはあまり知られていません。

窓口で「ゆうパックのダンボールを買いたいのですが」といえば、ちゃんと購入できるんですよ。

そんな郵便局で買えるゆうパック用のダンボールの種類とサイズがコチラ。

名称 サイズ 値段
ゆうパック・箱(特大) 縦345mm×横445mm×高さ340mm 380円
ゆうパック・箱(大) 縦315mm×横395mm×高さ225mm 220円
ゆうパック・箱(中) 縦255mm×横315mm×高さ175mm 140円
ゆうパック・箱(小) 縦175mm×横225mm×高さ145mm 100円

これらのダンボールにはデカデカと「ゆうパック」と書かれていますが、佐川急便やクロネコヤマトを使った荷物の配送にも使えますのでご安心を。

もちろん、引越しにも使えるのは言うまでもありませんね。

佐川急便の営業所

各地にある佐川急便の営業所でも、小物輸送用の紙製のダンボールが購入できます。

直接訪問すれば、1枚から売ってくれますよ。

そんな佐川急便で購入できるダンボールの種類やサイズがコチラ。

商品名 サイズ 値段
エクスプレスBOX LL (140) (たて) 420×(よこ) 580×(高さ) 400 251円(税込)
エクスプレスBOX L (100) (たて) 320×(よこ) 430×(高さ) 250 165円(税込)
エクスプレスBOX M (80) (たて) 260×(よこ) 350×(高さ) 190 110円(税込)
エクスプレスBOX S (60) (たて) 200×(よこ) 250×(高さ) 150 88円(税込)

値段も手頃でバラ売りしてくれるので、半端な枚数が欲しいときなどにはありがたいですね。

通販でダンボールが購入できるサイト

続いてネット通販や電話などでダンボールが購入できるサイトのご紹介です。

一度に大量に購入したい人はこちらの買い方のほうがオススメですね。

アマゾン・楽天市場・ヤフーショッピング

はい、言わずとしれたアマゾン・楽天市場・ヤフーショッピングという日本3大ネットモールでもダンボールは購入できます。

アマゾンは一度に2,000円以上の購入で送料が無料になるため、10枚~20枚以下の購入ならアマゾンがいいでしょう。


40個以上買うつもりなら、合計金額が4,000円を越えるはずなので、その場合は楽天市場かヤフーショッピングでも送料が無料になるはず。

ロハコ(LOHACO)

食品からコスメ、家具・家電などあらゆるものが売られているロハコ。

このロハコでもダンボールが購入できますし、3,300円以上買えば送料が無料になりますよ。

ロハコで売られている主なダンボールのサイズがコチラ。

サイズ名 大きさ
60サイズ 横246×縦166×高162mm
80サイズ 横320×縦230×高250mm
100サイズ 横450 ×縦330×高220mm
120サイズ 横540 ×縦390×高265mm
140サイズ 横540 ×縦390×高465mm

ほとんどが5枚~20枚セットの販売です。

⇒ロハコの通販サイトはコチラ

クロネコヤマト

クロネコヤマトでは荷物などの発送に使えるダンボール(包装資材)を販売しています。

インターネットか電話で注文をすると、近くの営業所から荷物の配達をしているセールスドライバーがご自宅まで届けてくれますよ。

そんなクロネコヤマトで買えるダンボールは「クロネコボックス」と名前で、以下のような種類とサイズが用意されています。

名前 大きさ 値段
クロネコボックス6 たて20cm・よこ27cm・高さ13cm 120円(税込)
クロネコボックス8 たて23cm・よこ32cm・高さ15cm 140円(税込)
クロネコボックス10 たて27cm・よこ38cm・高さ29cm 190円(税込)
クロネコボックス12 たて32cm・よこ46cm・高さ29cm 230円(税込)
クロネコボックス14 たて40cm・よこ60cm・高さ40cm 330円(税込)

値段的にはホームセンターで買うのとほとんど変わりません。

また、普段走り回っているクロネコの宅急便のドライバーが届けてくれるので、ダンボール1枚でも送料が無料なのはうれしいポイント!

⇒ネットや電話注文できるクロネコヤマトのクロネコマーケットはコチラ

必要な個数に合わせた最適なダンボールの購入場所

ダンボールの使い道は人それぞれなので、必要な個数もバラバラ。

そんな必要な個数に合わせた最適な購入場所を整理してみましょう。

1~4個だけ必要なときは街のお店

通販は「まとめ買い」が基本で、バラ売りはしていません。

そのまとめ買いの単位は5個~20個が基本です。

ですから、もし1~4個ほどの半端な個数を購入したいときは、以下の街のお店で買いましょう。

  • ホームセンター
  • 100均ショップ(ダイソー・セリア・キャンドゥ等)
  • 東急ハンズ
  • 郵便局
  • 佐川急便の営業所

個人的に一番のオススメはサイズの取り揃えが多いホームセンターですね。

10個以上、まとめて必要なときは通販

ダンボールは持ってみると分かりますが、まとめて買うと意外なほどずっしりと重く感じます。

10個以上になると、男性でも持ち運ぶのが面倒に感じるはず。

たとえ自家用車があってもかさばるので、持ち帰りはけっこう疲れます。

ですから、まとめて購入するときは通販(電話注文)がいいですよ。

  • アマゾン
  • 楽天市場
  • ヤフーショッピング
  • ロハコ
  • クロネコヤマト

このなかで個人的なオススメは意外と知られていないクロネコヤマト。

大抵の場合、他のネット通販よりも早く届けてくれますし、なにより1枚単位でバラ売りしてくれるのがうれしいです。

ダンボールのサイズについて

ダンボールのサイズ表を見ると、以下のような分類がされているのに気づくはずです。

  • 60サイズ
  • 80サイズ
  • 100サイズ
  • 120サイズ
  • 140サイズ

これらのサイズに付けられた数字は、「箱の長さ」・「幅」・「深さ」の3辺を合計したものなんですね。

たとえば「60サイズ」というダンボールの場合は

長さ28cm+幅20cm+深さ12cm=60cm

というように3辺を合計すると、60センチになるので「60サイズ」という名前が付けられるわけです。

※3辺のそれぞれの長さに決まりはなく、合計が60~140になればOKという決まり。

この3辺の合計サイズごとに、各運送会社は宅配の送料を決めているんです。

ですから、送料を気にしてダンボールを買う際には、このサイズ表記を確認しましょう。

また、もうひとつ底面(ダンボールの底の面)の大きさごとに

  • A5
  • B5
  • A4
  • B4
  • A3
  • B3

という分類もされます。

こちらはB5ノートなどの表記に使われるのと一緒の単位。

ダンボールに入れたい物はA~・B~のどのサイズに近いのか把握しておくと、選ぶときの判断材料になりますよ。

まとめ

ダンボールの購入はどこがいいのかご紹介してきました。

最後に振り返って要点をまとめましょう。

すぐ手に入れたい・バラ売りで買いたいときは

  • ホームセンター
  • 100均ショップ(ダイソー・セリア・キャンドゥ等)
  • 東急ハンズ
  • 郵便局
  • 佐川急便の営業所

10個以上まとめて買いたいときは

  • アマゾン
  • 楽天市場
  • ヤフーショッピング
  • ロハコ
  • クロネコヤマト

これらの場所が適しています。

全国のクロネコヤマトの営業所(宅急便センター)でも、直接ダンボールの販売を行っていますが、在庫がない場合もあるそうです。

ですから、事前にネットや電話で問い合わせて購入するのが無駄足にならないでしょう。

西門 カジカ

一人暮らし歴20年以上のアラフォー会社員。ズボラな性格でいかに家事の手間を減らせるか、いろいろ試すのが大好き。ゴキブリが大の苦手。

西門 カジカをフォローする
スポンサーリンク
スポンサーリンク
悩みとトラブル
カジカ文庫

コメント

  1. WEARRIEN3 より:

    Thank you!!1

タイトルとURLをコピーしました