テレビ見ない人はつまらない?ウザがられる3つの理由とは?

スポンサーリンク

自分自身はテレビを見ない人なのに、まわりがテレビっ子ばかりだと肩身が狭いですよね?

ねぇねぇ、昨日やってた○○、見た?

って聞かれることが、しょっちゅうありますから。

私も以前、テレビなし生活を送っていたので気持ちはよくわかります。

そこで、ここでは

  • テレビを見ない人がつまらないと思われる理由
  • 「テレビ見ないアピール」の危険性
  • テレビの話題を振ってくる人への上手な返し方

などなど、こんな情報をお伝えします。

これを読めば、堂々と胸を張ってテレビを見ない人だと自己申告できるようになりますよ。

スポンサーリンク

テレビを見ない人がつまらないと思われる3つの理由

テレビを見る習慣がある人からすると、テレビを見ない人はつまらないと思われるのは事実です。

時と場合によっては、相手を不快にさせたり、印象が悪くなることも……。

その理由は、だいたいこの3つのどれかに当てはまります。

  1. 話が続かない(共通の話題がない)から
  2. 守備範囲以外の話題に対応できないから
  3. 空気を読まないマイペース型だから

テレビを見る習慣が無いだけで、周りの友達や同僚から浮いた存在になっている人は、ぜひともチェックしてみてください。

話が続かない(共通の話題がない)から

テレビをよく見る人は、面白かった番組の話題を他人としゃべって共有したい気持ちが強くなるものです。

たとえば、こんな番組の話題で盛り上がりたいんですよ。

  • 人気ドラマ
  • 人気バラエティ
  • ワイドショー(芸能人のゴシップ)
  • スポーツイベント(オリンピック・ワールドカップ等)

でも、その話をふった相手(あなた)が

あ~、僕、テレビを見ないんです

っていったら、一気にテンションが下がってガッカリするのが普通。

こいつ、つまんないやつだな~

って内心思われてもおかしくありません。

あなたに落ち度はありませんが、他人とのコミュニケーションを「テレビの話題」に頼る人だとそこで会話が途切れてしまうでしょうね。

守備範囲以外の話題に対応できないから

テレビの良い点は、興味がないジャンルのことでも自然と知ることができるところ。

テレビは受動メディアなので、向こうから勝手に情報を届けてくれますから。

しかし、情報源をネットに頼っていると、特定のジャンルだけ深堀りできる分、他の興味がないジャンルには疎くなるものです。

ようするに守備範囲が狭い人になっちゃうわけですね。

いくら世間で『鬼滅の刃』が大ヒットしようが、大谷翔平選手がメジャーリーグで大活躍しようが、ほとんど無知な状態なままだったり……。

そんな状態でテレビっ子が話題をふってきても

私、よく知らなくて……

と返すしかないですよね?

そんな塩対応をされたら、話しかけてきた相手は

なんだよ、コイツ、むかつくわ

ってノリが悪いやつだと思われても仕方ないでしょう。

空気を読まないマイペース型だから

私の周りにいるテレビを見ない、というかそもそも部屋にテレビがない人は、「我が道を行くタイプ」がほとんど。

周りの空気を読まないで、自分の好きなことに没頭するような。

反対にテレビをよく見て、いつもそれを話題にしている人は、特定の趣味はなくて流行り物にその都度乗っかるタイプが多い気がします。

もちろん、どっちが良い悪いの話ではありません。

両者は根本的に人間のタイプが違うので反りが合わないだけです。

テレビをよく見る人が空気を読まないマイペースな人(テレビは見ない)に対して、つまらないと感じるのも無理ありません。

スポンサーリンク

「テレビは見ないアピール」はしないほうがいいワケ

テレビを見ない習慣の人は、テレビを見るのが当たり前な人に対して

  • 気取っている
  • 世間の流行とは距離を置いている
  • テレビを観る人をバカにしている

こんなイメージを与えているのだと自覚しておくべきです。

わざわざ「テレビは見ないアピール」すると、ウザがられたり嫌われる原因になってしまいますよ。

「テレビ見ない自慢」にならないように注意

テレビを見る・見ないはただの好き嫌いです。

テレビを見る人は「低俗」で、見ない人が「高尚」とは言えません。

とはいえ、最近のテレビ番組は予算がないせいかクオリティが低いなぁというのが私の正直な感想です。

実際、私も限られた番組しか観ませんし……。

かといって、友達や同僚に「テレビ見ない自慢」はしないように気をつけています。

テレビの話題をふってくる人への対応方法

あなたがテレビを見ない人でも、かまわず周りの人はテレビの話題をふってくるでしょう。

なんども懲りずに昨日見たテレビについて話しかけてくる人もいます……。

そんなときは、角を立てず、相手に悪い印象を与えないために以下のような理由をつけて対応するといいですよ。

  • テレビが故障して買い替えてない
  • NHKの受信料を払うのが嫌だからテレビが無い
  • 忙しくて観る時間がない
  • 録画する機器(レコーダー)を持っていない
  • 部屋が狭くて置ける場所がない

このなかで無難な理由をみつくろって適当にごまかしましょう。

実際、テレビの故障やNHK受信料がネックでテレビを置かなくなった人もいます。

テレビが好きな人に絶対言ってはいけない4つの禁句

くれぐれもテレビが大好きな人に

  • テレビはつまらない
  • テレビが嫌い
  • テレビを見るなんてもう時代遅れ
  • 海外ドラマに比べて日本のドラマは低レベル

などと貶める発言は絶対にしないほうがいいです。

あくまでテレビは好きだけど、事情があって観ることができないという理由にしておくのが無難ですね。

今後、テレビを見ない人が増えるのは確実

ずっと以前から「テレビ離れ」が囁かれていましたよね?

その具体的な根拠を示すデータが発表されています。

NHK放送文化研究所の調査によると、平日に15分以上テレビを見たと答えた人の割合が以下の通り。

  • 10歳~15歳:56%
  • 16歳~19歳:47%
  • 20代:51%

■参考:10~20代の約半数、ほぼテレビ見ず「衝撃的データ」:朝日新聞デジタル

つまり10代から20代の約半数は、ほとんどテレビを見ていないわけですね。

私は40代ですが、自分自身が10代~20代の頃はテレビっ子で、周りの友人もテレビを見ていない人は皆無でした。

この世代がスライドして30代~40代になっても、視聴時間は増える見込みはないでしょうね。

いずれこの世代が社会の中心になったら、テレビを見ないのは自然なことになるはず。

今テレビを見ないで肩身が狭い人も、いずれは多数派になるかもしれませんよ。

スポンサーリンク

まとめ

テレビを見ない人がつまらないといわれるのは、きっとこの3つの理由が裏に隠れています。

  • 共通の話題が見つけられないから
  • 興味がない分野の話題についていけないから
  • 周りに合わせて空気を読むことをしないから

テレビを見る見ないは個人の自由ですが、見る習慣がある人の気分を害さないように「見ない自慢」はしないように気をつけたいですね。

ただ、最近は職場でもテレビの話題で盛り上がることが減ってきた気がします。

30代~40代でもあんまり観ない人が増えているのは確実でしょうね。

西門 カジカ

一人暮らし歴20年以上のアラフォー会社員。ズボラな性格でいかに家事の手間を減らせるか、いろいろ試すのが大好き。ゴキブリが大の苦手。

西門 カジカをフォローする
スポンサーリンク
スポンサーリンク
悩みとトラブル
カジカ文庫

コメント

タイトルとURLをコピーしました