一人暮らしで肉を食べたい!安い部位をがっつり食べるレシピ

スポンサーリンク

一人暮らしで肉が食べたいけど、お金がない!

焼き肉とかトンカツとか外食したいけど、経済的に無理……。

そんな方のために

  • 一人暮らしが肉を食べたいときに安く自炊するコツ
  • 500円以下で買える外食や惣菜の肉料理

などご紹介します。

今でも貧乏で節約生活を送る管理人ががっつり肉を食べる秘策を伝授しましょう。

スポンサーリンク

一人暮らしが肉料理を安く自炊するコツ

いくら肉が食べたいからとはいえ、スーパーでサーロインの厚切り肉を買ってきてステーキを焼くわけにはいきません。

そんなことを繰り返していたら、食費がオーバーしちゃいますから。

ポイントは肉の選び方と買い方にあります。

牛肉はNG!安い肉の順番

一般的に家庭で調理される肉は、以下の3種類が代表的です。

  • 牛肉
  • 豚肉
  • 鶏肉
西門カジカ
西門カジカ

ここでクイズ!このなかでどれがもっとも高いでしょうか?

正解は牛肉です。カンタンな問題でしたね。

安い種類順に並べるとこうなります。

  1. 鶏肉
  2. 豚肉
  3. 牛肉

焼き肉・ステーキ・すき焼きなどご馳走の肉料理といえば牛肉が使われますが、経済的に余裕がない人は買ってはいけません。

鶏のムネ肉と豚コマ肉が狙い目

一口に鶏肉・豚肉といっても部位ごとに種類が分けられ、それぞれ値段が違います。

鶏肉の部位がこちら。

  • ムネ
  • ささみ
  • もも
  • 手羽元
  • 手羽中
  • 手羽先
  • 砂肝
  • レバー

このなかで最も安い部位が「ムネ肉」です。

一方、豚肉の部位がこちら。

  • 肩ロース
  • ロース
  • ヒレ
  • バラ
  • モモ

豚肉のなかで最も安いのは、これらの部位をカットする際に出た肉の切れ端(半端な部分)を寄せ集めた「豚こま肉」です。

寄せ集めとはいえ、おいしいロース部分も含まれている場合もあるため、味についてもそれほど劣るわけではありません。

というわけで、一人暮らしで肉を食べたい(お金がない)人は、鶏のムネ肉か豚コマ肉がおすすめなんですね。

肉の特売日に買おう

スーパーではチラシを配って日替わりの特売品を宣伝します。

しかし、それ以外にも毎月特定の日を「肉の特売日」として、安売りする場合もあるんですよ。

それはスーパーによってあったりなかったりしますが、毎月29日を語呂合わせで「2(に)9(く)の日」とする場合が多く見受けられます。

こういった特売日を狙い、まとめ買いをして冷凍しておくといいでしょう。

で、「肉が食いたい」衝動が湧き上がった日に解禁するというわけ。

がっつり肉を食べたい一人暮らし向けの料理2選

がっつり肉を食べたいけど、お金がない……

そんな一人暮らし向けの肉料理を「鶏肉編」と「豚肉編」に分けてご紹介します。

鶏ムネ肉で作る「無限鶏ムネ肉(蒸し鶏肉)」

肉は食べたいけど、カロリーが気になるっていう人はムネ肉がぴったり。

ムネ肉は脂が少なくヘルシーですから。

しかも油で揚げたり焼いたりしない「蒸し鶏」なら、よりヘルシー。

作り方と材料はこの動画をごらんください。

電子レンジでチンするだけなので、自炊する時間があまりない人、料理に自信がない人でも大丈夫ですよ。

豚こま肉で作る「ステーキ」

「え、細切れの肉でステーキが作れるの?しかも豚肉で?」

って疑問に思うかもしれませんが、それが可能なんですね。

これこそローコストな節約ステーキ。

こまかい豚こま肉をひとつにまとめることでステーキ状にしてしまう節約レシピです。

こまかいことは抜きにして、作り方や材料をこちらの動画でごらんください。

ソースに使う酒は調理酒や赤ワイン等でもOKです。

ペラペラで肉を食べた感触に乏しいコマ肉でも、こうすればガッツリと食べた感じがするので満足感がありますよ。

スポンサーリンク

たっぷり肉を食べたいとき500円以下で買える肉々しい食品5選

一人暮らしだと食費は倹約がちですから、普段はあんまり肉っぽい食事ができませんよね?

でも、たまにはたっぷり肉を食べたいときもあります。

でもかといって焼き肉とか、年に1回行けばいいほう……。

そんなとき私が食べているのがこちら。

  • 夜マックの倍バーガー(倍ビッグマック)
  • スーパーのカルビ弁当
  • 冷凍の牛丼
  • レトルトのハンバーグ
  • サラダチキン

夜マックの倍バーガー(倍ビッグマック)

マクドナルドでは毎日夕方5時を過ぎると、「倍バーガー」というメニューが注文できるようになります。

これはハンバーガーの肉部分(パティ)を倍にできるサービス。

普通のハンバーガーは2枚になるだけですが、もともと2枚の肉が挟んであるビッグマックなら4枚になるわけです。

しかも、どのハンバーガーでも元の価格に100円をプラスするだけ。

ビッグマックは通常料金390円ですから、+100円で490円!

もちろんダブルチーズバーガーでも肉は4枚になりますよ。

倍ビッグマックは「肉を食ったな」感が強くて、超おすすめです。

※期間限定商品やサムライマックは除外され、倍バーガーにはできません。

スーパーのカルビ弁当

「肉」といえば最高級のごちそうが「焼き肉」じゃないでしょうか?

しかし、懐具合の問題でそうそう食べられるものじゃありません。

そこで、おすすめしたいのがスーパーの弁当売り場にある「カルビ弁当」。

おかずは「肉のみ」で、下にはごはんが敷き詰めてあるだけというシンプル構成。

野菜類はいっさいないので栄養面では問題ですが、肉のみを思い切り食べたいときにはうってつけです。

※コンビニのカルビ弁当は、肉・ご飯の量とも少ないのでおすすめしません。

冷凍の牛丼

肉を食べたいときはリーズナブルな牛丼を食べるのもいいでしょう。

吉野家・すき家・なか卯などなど、並盛な500円以下で食べられます。

でも、近くに店がない場合は冷凍の牛丼がおすすめ。

スーパーの冷凍食品売り場で牛丼の「肉部分」のみがパック詰めされて売られています。

一人分だと量が少ないですが二人分をまとめると、牛丼店で並盛を頼むより量を多く食べられますよ。

レトルトのハンバーグ

レトルトパックに入ったハンバーグは、1個100~200円でたっぷり肉が食べられるコスパの良い食品です。

味にこだわるならセブンプレミアムの「金の直火焼きハンバーグ」がおすすめ。

某サイトのレトルトハンバーグランキングでも1位になるほど、味はたしかです。

ファミレスで食べると800円くらいはしそうなビーフ100%の本物感のあるハンバーグ。

デミグラスソースも本格的です。

サラダチキン

いまやどこのコンビニチェーンでも定番なのがサラダチキン。

筋トレやダイエット中の人が低カロリーでたんぱく質が多いという理由から、一時期ブームになり、いまではすっかり定着しました。

蒸し鶏がパック詰めされてる商品で、本来は輪切りにして野菜を添えて食べるのが普通ですが、そのままかぶりつく人も多いとか。

肉に飢えている人は変にアレンジしないで、かぶりついて食べると欲求が満たされるはず。

スポンサーリンク

まとめ

一人暮らしで肉を食べたい場合は

  • 鳥のムネ肉か豚こま肉が安い
  • スーパーの肉の特売日を狙って買う
  • 夜マックの倍バーガーやカルビ弁当

こんな方法がおすすめです。

豚こま肉だったらキムチと合わせて「豚キムチ」を作るのもGood。

冬だったら肉メインのキムチ鍋にしても良し。

ただ、たまになら肉をがっつりいくのもいいですが、普段の食事では栄養バランスに気をつけてくださいね。

西門 カジカ

一人暮らし歴20年以上のアラフォー会社員。ズボラな性格でいかに家事の手間を減らせるか、いろいろ試すのが大好き。ゴキブリが大の苦手。

西門 カジカをフォローする
スポンサーリンク
スポンサーリンク
ズボラ家事
カジカ文庫

コメント

タイトルとURLをコピーしました