深夜の暇つぶし方法まとめ【最多27個】家の外と中の両対応

スポンサーリンク

深夜になると、一人暮らしは特に暇になりますよね?

友達は寝ちゃってLINEしても反応がないし、外で遊べる店もほとんど閉まってしまうし……。

私は昼寝をたっぷりした土曜日の夜とか、午前0時を過ぎても眠れなくて暇を持て余すことがよくあったんですよ。

でも、もともと友達が少ないこともあって、深夜にひとりでも暇を潰す方法をたくさん試してきました。

そこで、その中から厳選して

  • 深夜の暇つぶし方法(外でやること)
  • 深夜の暇つぶし方法(家の中でやれること)

この2つをご紹介しましょう。

これでもう「暇だ~~~、なにもすることがない~~~」と叫ぶことはなくなりますよ。

スポンサーリンク
目次
  1. 深夜の暇つぶし方法8選【家の外バージョン】
    1. 寝静まった町を散歩してみる
    2. 空いてる道を快適にドライブする(自転車でもOK)
    3. 公園で簡易ピクニックをする
    4. 有名な夜景スポットを見に行く
    5. 海岸や河川敷に座って考え事をする
    6. 試しにジョギングしてみる
    7. センチメンタルに天体観測してみる
    8. 入ったことがないバーや居酒屋で酒を飲む
      1. 暇つぶしできる24時間営業の店
        1. ネットカフェ
        2. カラオケ
        3. コンビニ
        4. 大型スーパー
        5. スーパー銭湯(サウナ)
        6. ラウンドワン(ボウリング・ダーツ等)
        7. ツタヤ・ゲオ
  2. 深夜の暇つぶし方法19選【家の中バージョン】
    1. 連続ドラマをイッキ見する
    2. 長い映画を観る(3時間以上)
    3. 読んだことがない名作小説を「青空文庫」で読む
    4. 面白そうな無料のスマホゲームを探す
    5. 漫画アプリで無料のマンガを読む
    6. Facebookで音信不通の友達や初恋の人を探す
    7. radikoで好きな芸能人のラジオ番組を聴いてみる
    8. GoogleMapのストリートビューでバーチャル散歩をする
    9. 防水加工したスマホを持って半身浴をする
    10. スマホで撮った写真や動画を整理する
    11. ブログを開設して日記を書いてみる
    12. YouTubeで未知の面白いチャンネルを開拓する
    13. Spotifyで懐かしい曲を探してみる
    14. 部屋の模様替えをする
    15. 料理の作り置きをする
    16. 手のこんだ朝ごはんを作って用意する
    17. 旅行サイトを見ながら旅行プランを練ってみる
    18. YouTubeを見ながらストレッチか筋トレをしてみる
    19. 好きなジャンルの「まとめ」を読む
  3. まとめ

深夜の暇つぶし方法8選【家の外バージョン】

深夜に外で暇つぶしをするなら、この8つが候補になります。

  1. 寝静まった町を散歩してみる
  2. 空いてる道を快適にドライブする(自転車でもOK)
  3. 公園で簡易ピクニックをする
  4. 有名な夜景スポットを見に行く
  5. 海岸や河川敷に座って考え事をする
  6. 試しにジョギングしてみる
  7. センチメンタルに天体観測してみる
  8. 入ったことがないバーや居酒屋で酒を飲む

私の個人的なおすすめは、深夜のひとりドライブ(自転車)ですね。

それでは、1個ずつ解説していきます。

※注:女性は深夜にひとりで外を出歩くのは防犯上、危険なので控えましょう。

寝静まった町を散歩してみる

普段の生活では、家(アパート・マンション)と大学(または会社)の往復だけで、家の周囲を歩く機会は少ないもの。

せっかくのヒマな時間を利用して、散策してみましょう。

自販機で缶コーヒーかお茶を買ってブラブラするのが、個人的に好き。

ほとんどの店が閉まってるのは残念ですが、新しい飲食店を開拓したり、思いも寄らない近道が発見できるかも?ですよ。

空いてる道を快適にドライブする(自転車でもOK)

東京や大阪だと日中はどの道も混んでいて、快適にドライブなんてムリですよね?

でも深夜なら一般道も高速道路もガラガラ状態。

お気に入りの音楽をかけながら、気持ちよく飛ばしてみましょう(もちろん速度は守って安全運転で)

自動車がない人は、自転車で深夜のサイクリングも楽しいですよ。

真夏でも夜風が涼しくて快適そのもの

日中は買い物客で混雑している商店街もスイスイで、歩行者や自動車に気を遣う機会が少ないのでストレスフリー!

公園で簡易ピクニックをする

都会の公園はおろか、地方の寂れた公園でも昼間はお弁当を食べたりして、ゆっくりくつろぐのはムリな場所がほとんど……。

人目が気になって、落ち着きませんから。

でもそれが深夜なら無問題。

コンビニでサンドイッチや飲み物を買って、ひとり静かに簡易ピクニックをしてみましょう。

ひとりなら近所から騒音の苦情が出る心配もありません。

有名な夜景スポットを見に行く

各地方にはそれぞれ有名な夜景スポットが1つや2つ必ずあります。

ただ、有名がゆえに夜7時~11時くらいまでは混雑している場合も……。

でも、深夜0時を過ぎれば観光客の姿もガクンと減るのが当たり前なので、ここぞとばかりに見に行ってみましょう。

次のデートの下見にもいいかもしれません。

海岸や河川敷に座って考え事をする

悩み事があるときって「水」がある場所に行きたくなるのは私だけでしょうか?

暇つぶしというより、考え事をして悩んでいる状態から抜け出すための行為に近いかもしれません。

楽しそうに生きている人でも悩み事の1つや2つ必ずあるはず。

そんなときは近くの海や川へ行って、水の音を聞きながら考え事をするといいですよ。

なるべくスマホも見ないでボーっとしていると、意外なほど早く時間が過ぎていきます。

試しにジョギングしてみる

最近どうも運動不足だと自覚している人は、暇つぶしも兼ねて軽いジョギングをしてみるのも良いですよ。

軽いジョギング程度なら、普段履いているスニーカーでも大丈夫。

深夜で誰も見ていないでしょうから、家着の色あせたジャージでも平気です。

苦しくて自分には合わない運動だと思ったら、すぐに止めるくらいの軽い気持ちで試してみてはいかがでしょうか?

センチメンタルに天体観測してみる

秋から冬にかけては都会でも空気が澄んでくるので、想像以上に星がくっきりと見えます。

「星空を見るなんてガラじゃない」

と抵抗感を持つ人ほど、一回は試してみてほしいですね。

ただ、何も星の知識がなく漠然と眺めていただけではつまらないものです。

スマホでちゃんと今夜の夜空にどんな星が浮かんでいるのか、確認したほうがいいでしょう。

今日の星空の配置を調べるには「今日のほしぞら」というサイトが便利ですよ。

>>>今日のほしぞらはこちら

入ったことがないバーや居酒屋で酒を飲む

いつも店の前を通るだけで勇気がなくて入ったことがないバーや居酒屋があれば、思い切ってドアを開けてみましょう。

どんな店も一人客を歓迎してくれます。

ひとりでちびちび飲むのもいいですし、社交的な方はマスターに話しかけてみてもOK。

こうして一軒でも行きつけの店ができると、一人寂しい夜でも安心ですね。

単なる暇つぶし以上の体験や経験もできるかもしれません。

暇つぶしできる24時間営業の店

深夜に外で暇つぶしをするなら、24時間営業の店に入るのが手っ取り早い方法です。

その候補となるのが、こちらの7店舗。

  1. ネットカフェ
  2. カラオケ
  3. コンビニ
  4. 大型スーパー
  5. スーパー銭湯(サウナ)
  6. ラウンドワン(ボウリング・ダーツ等)
  7. ツタヤ・ゲオ
ネットカフェ

24時間営業で暇を潰せる店といえば、やっぱりネットカフェが最も手軽。

マンガが好きな人、動画が観たい人はここしかないでしょう。

基本的に深夜ほど孤独で寂しい人が集まるので、居心地は最高です。

あまりに快適なので明け方まで居座ってしまう点にはご注意を。

カラオケ

「思いっきり歌ってストレス発散したい」という方は、カラオケ店へGO!

最近は一人客も増えて「ヒトカラ」なんて言葉もあるくらいなので、遠慮は無用ですよ。

知り合いと一緒だと歌いづらいアニメの曲とか、マイナーな曲でもヒトカラなら気兼ねする必要はありません。

深夜料金で昼間よりも高くつくかもしれませんが、深夜に絶叫できるのはカラオケくらいなので我慢できますね。

コンビニ

ちょっとした短時間の暇つぶしならコンビニが適役。

ほんのちょっと立ち読みをして、明日の朝ごはんやお菓子をゆっくり選べば30分くらいは余裕で潰せるでしょう。

ちなみに週刊少年ジャンプは、月曜日の朝5時頃から並ぶので気になる漫画の続きがまっさきに読めますね。

だいぶ夜ふかしになっちゃいますが……。

大型スーパー

首都圏でも地方でも大手の大型スーパーでは、24時間営業の店があります。

深夜になると生鮮食品はすべて売れて棚はガラガラかもしれませんが、その他の食品なら買い物できます。

混み合った店内でカートを押すと他の客が邪魔でストレスですが、夜中なら通路はガラガラで悠々とゆっくりショッピングが可能。

ミネラルウォーターとかシリアルなどをまとめ買いする人は、深夜のほうが楽かもしれませんね。

スーパー銭湯(サウナ)

スーパー銭湯やサウナは朝方まで営業したり、一部では24時間営業の店もあります。

最近疲れが溜まっていると感じているなら、暇つぶしがてら浸かりに行きましょう。

露天風呂があれば、月をながめながら入浴も!

夕方から夜にかけては子供連れの客が多くて、正直ゆっくりと入浴できなかったりしませんか?

でも深夜なら小さい子はまずいませんし、ほとんどが一人客で黙ったまま入浴しています。

じっくりサウナで汗を流すのもオツですね。

ラウンドワン(ボウリング・ダーツ等)

深夜でも体を動かして遊びたいなら、最高の暇つぶし施設「ラウンドワン」へ。

特にスポッチャがある施設なら50種類以上のスポーツ(アミューズメント)が入場料だけで楽しめます。

私ならボウリングやダーツを黙々とひとりでやりますね。

※ラウンドワンは土日・祝日は24時間営業ですが店舗により異なるので、出かける前に確認してください。
ツタヤ・ゲオ

ツタヤやゲオなどのビデオレンタル店の一部は、24時間営業です。

いくらでも時間がある深夜なら、ゆっくりと観たい映画を探せますね。

DVDやブルーレイを探したり選んだりしていると、意外と時間が経つのが速くて暇つぶしにはもってこいの場所です。

スポンサーリンク

深夜の暇つぶし方法19選【家の中バージョン】

続いて家の中でできる深夜の暇つぶし方法のご紹介。

  1. 連続ドラマをイッキ見する
  2. 長い映画を観る(3時間以上)
  3. 読んだことがない名作小説を「青空文庫」で読む
  4. 面白そうな無料のスマホゲームを探す
  5. 漫画アプリで無料のマンガを読む
  6. Facebookで音信不通の友達や初恋の人を探す
  7. radikoで好きな芸能人のラジオ番組を聴いてみる
  8. GoogleMapのストリートビューでバーチャル散歩をする
  9. 防水加工したスマホを持って半身浴をする
  10. スマホで撮った写真や動画を整理する
  11. ブログを開設して日記を書いてみる
  12. YouTubeで未知の面白いチャンネルを開拓する
  13. Spotifyで懐かしい曲を探してみる
  14. 部屋の模様替えをする
  15. 料理の作り置きをする
  16. 手のこんだ朝ごはんを作って用意する
  17. 旅行サイトを見ながら旅行プランを練ってみる
  18. YouTubeを見ながらストレッチか筋トレをしてみる
  19. 好きなジャンルの「まとめ」を読む

日本は治安がいいとはいえ女性は出歩くのは危険ですし、男性でも天気が悪いと外に出かけるのは億劫なはず。

そんなときにもってこいな方法が、この19通りのやり方です。

連続ドラマをイッキ見する

眠くないから「これは朝まで徹夜パターンだな」と思ったら、一番のお勧めが連続ドラマのイッキ見でしょう。

連続ドラマはレンタルで一本ずつ借りると、不経済です。

1シーズン(約12本)をイッキ見するなら、連続ドラマの配信数が多いNetflixに加入するのがベスト。

  • レンタル(1本旧作100円)×12本=1200円
  • Netflix(月額1000円)=見放題

Netflixで見られる連続ドラマは

  • 海外ドラマ:ストレンジャーシングス
  • 韓流ドラマ:愛の不時着・梨泰院クラス

など、アメリカのドラマも韓国ドラマも豊富なラインナップなので、どちらの好みにも対応できます。

長い映画を観る(3時間以上)

いい映画だという評判は聞いていても、あまりに長いので敬遠している作品っていくつかありませんか?

3時間以上ある映画がそれで、休日でもスケジュールを調整しないと最初から最後まで通して観るのが難しいものです。

そんな作品をこの眠れない深夜の暇つぶしに有効活用しましょう。

レンタル店で借りるのもいいですが、Netflixに加入すれば外出しないですぐに観られるので便利ですよ。

3時間を越える名作映画の一部がこちら。

  • シンドラーのリスト
  • ラストエンペラー
  • 七人の侍
  • アラビアのロレンス
  • レ・ミゼラブル
  • グリーンマイル
  • ワンス・アポン・ア・タイム・イン・アメリカ/完全版

世間で名作と名高い『グリーンマイル』も3時間超えなので、暇な夜こそ鑑賞したい作品です。

読んだことがない名作小説を「青空文庫」で読む

名作だと知っていても、なかなか手が伸びない小説って誰しも1冊や2冊はあるはず。

でも、お金を出してまで読みたくないし、かといって深夜だから図書館も開いてない……。

そんなときは「青空文庫」で探してみてください。

「青空文庫」とは著作権が切れた小説をインターネット上で無料公開しているサイトです。

パソコンやスマホ、タブレットですべて無料で読むことが出来ますよ。

無料公開されている有名作家の名作の一部がこちら。

  • 夏目漱石『こころ』
  • 太宰治『人間失格』
  • 堀辰雄『風立ちぬ』

>>>青空文庫はこちら

面白そうな無料のスマホゲームを探す

暇つぶしの代表格と言えばやっぱりゲーム。

それもスマホゲームなら無料で遊べるゲームが、それこそ数え切れないほど配信されています。

ゲームに抵抗感がある人は、パズルゲームなどカジュアルなものを。

昔からゲームに親しんで来た方はRPGやシミュレーションなどがいいでしょう。

最近人気のゲームと言えば

  • 原神
  • ウマ娘
  • ツイステッドワンダーランド

このあたりですね。

漫画アプリで無料のマンガを読む

マンガは読みたいけど、漫画喫茶に行くのはムリという方は、漫画アプリを利用して無料のマンガを読んで暇つぶしをしては?

特に毎日、無料マンガが更新される「コミコ」がおすすめ。

Amazonのキンドルや楽天コボもよく無料でお試し読みできるキャンペーンをやってますので、そちらで探してもいいでしょう。

>>>コミコはこちら

Facebookで音信不通の友達や初恋の人を探す

Facebookは日本では使っていない人も多いSNSです。

それもそのはず、原則的に実名登録が推奨されているからでしょう。

でも裏を返せば、それだけ人探しには使えるということ。

  • 昔は親しかったけど音信不通になった友達
  • 初恋の人
  • 昔付き合っていた恋人

などを探してみるのもいい暇つぶしになりますよ。

>>>Facebookはこちら

※Facebookの利用には登録が必要です。

radikoで好きな芸能人のラジオ番組を聴いてみる

「radiko(ラジコ)」とは、ネット回線を通じてPCやスマホから聴けるインターネットラジオ放送です。

  • TBSラジオ
  • ニッポン放送
  • TOKYOFM
  • NHKラジオ

などAM/FMの在京の局の番組がリアルタイムだったり、放送時間後にもアーカイブとして残されています。

サイトには検索ボックスが付いているので、好きな芸能人の名前で検索して、暇つぶしにラジオ番組を聴いてみてはいかがでしょうか?

>>>radikoはこちら

GoogleMapのストリートビューでバーチャル散歩をする

外を散歩するのは身の危険を感じるという方は、GoogleMapのストリートビューでバーチャル散歩と決め込みましょう。

  • 実家の周辺がどうなったか?
  • 昔バイトしていた店はどうなったか?
  • 旅行したい場所はどんな様子か?

ストリートビューは世界中をカバーしているので、自宅に居ながらにして安全にどこでも駆け巡ることができますよ。

>>>ストリートビューの操作方法はこちら

防水加工したスマホを持って半身浴をする

半身浴って有意義な暇つぶしになりますが、10分~15分ならまだしも、それ以上になると暇で耐えられません……。

そんなときはスマホを防水加工して、風呂場に持ち込みましょう。

YouTubeやNetflix、アマゾンプライムビデオ等を観れば1時間くらいはすぐに過ぎ去りますよ。

こちらの動画ではタブレットを使っていますが、スマホでも要領は一緒です。

※ジップロックの口をしっかり閉めないと浸水して故障しますのでご注意ください。

スマホで撮った写真や動画を整理する

日々、スマホでは気兼ねなくどんどん写真や動画を撮り続けていますよね?

気づけば容量の限界スレスレまで溜まっていたり……。

写真(動画)の整理って普段は面倒で後回しにしがちですが、深夜のヒマな時間こそやってしまいましょう。

要らない写真(動画)は削除し、保存したいものはクラウドのストレージやパソコンのハードディスクに移せばOKです。

完全保存版の写真はDVDやブルーレイに焼いてしまうとスッキリしますね。

ブログを開設して日記を書いてみる

私みたいに「文章を書くこと」が好きなら、ブログを開設して日記を買いてみてはいかがでしょうか?

一度作ってしまえば、今日みたいな暇な夜にだけ好きなことを好きなだけ綴ることができますよ。

このブログのように本格的な有料のサービスを使う必要はありません。

日記程度なら「はてなブログ」のような無料ブログサービスを使えば十分です。

>>>はてなブログはこちら

YouTubeで未知の面白いチャンネルを開拓する

暇だけどYouTubeはあんまり観ない人もまだまだたくさんいます。

でも、誰でも必ず好きなジャンル(系統)の話題ってありますよね?

YouTubeにはたくさんの人気チャンネルがありますが、なかでも登録者数が多いのが以下のような系統です。

  • 怪談系
  • DIY系
  • ゲーム実況系
  • やってみた系
  • 解説系

最近は特に怪談系が盛んですし、ゲーム実況は相変わらず人気。

人気ユーチューバーにはどうも興味が持てない人は、興味がある「ジャンル」から入ってみるといいでしょう。

Spotifyで懐かしい曲を探してみる

Spotifyはネット上で数千万の楽曲を聴くことができるサービス。

完全に有料のサービスのように思えますが、実は無料でも(ときどき広告が挿入されるものの)十分に楽しめます。

昔好きでよく聴いていたけど、もうCDを処分して聴けなくなった曲など検索すると見つかったりするんですよ。

暇つぶしにひとつ懐メロを探して聴いてみてはいかがですか?

>>>Spotifyはこちら

※Spotify Freeのところからメールアドレス等を登録すると、無料会員になれます。

部屋の模様替えをする

暇つぶしになるからといって、深夜に掃除機をかけるのは近所迷惑。

でも、部屋の模様替えくらいなら大丈夫。

  • バタバタ歩き回らない
  • 大きな家具を引きずって移動させない

こんな点に気をつければ、アパート暮らしの人でも平気なはず。

ちょうどタイミンが合えば、衣替えをするのもいいですね。

料理の作り置きをする

どうせなら有益な暇つぶしをしたいという方は、向こう一週間の料理の作り置きでもしたらどうでしょうか?

冷蔵庫に余っている食材をやりくりして、作れるだけ作って冷凍しても良し。

深夜に開いているスーパーがあれば、買い出しに行って本格的に作り置きをしても良し。

やり終わったら、夜が明ける時間になっても清々しい達成感に包まれるでしょう。

手のこんだ朝ごはんを作って用意する

いつもは手抜きの朝ごはんを食べているなら、眠れない暇な夜の時間を利用して、豪華で手の混んだ朝ごはんを作ってみては?

和食でガチるのも良し、パンケーキを焼いて本格的な洋風ブレックファーストを作っても良し。

旅行サイトを見ながら旅行プランを練ってみる

旅行が趣味な人、そうでもないけど休暇が取れたら久しぶりに旅行に行きたい人。

そんな人は旅行サイトを見ながら、旅行プランを練ってみては?

個人的には実際の旅行よりも、計画を立てているときは一番楽しかったりします。

単なる暇つぶしじゃなく、それ自体が楽しくて1~2時間はあっという間に過ぎてしまいますね。

YouTubeを見ながらストレッチか筋トレをしてみる

眠気を誘うために家の中で体を動かしたい方は、YouTubeのレッスン動画を見ながらストレッチか筋トレをしてみましょう。

深夜になっても眠れないのは、運動不足も一因かもしれません。

アパートやマンションでは階下に騒音にならないように気をつけつつ、レッツチャレンジ!

好きなジャンルの「まとめ」を読む

ネットにはある特定のジャンルに特化した「まとめ」サイトがあります。

  • 芸能系
  • 事件系
  • オカルト系
  • スポーツ系

これらが代表的ですが、ほかにももっと趣味の数だけ存在するでしょう。

自分が興味のあるジャンル名+まとめ

で検索して探してみましょう。

つい時間を忘れて読みふけってしまうこと間違いなし。

スポンサーリンク

まとめ

深夜の暇つぶしの方法について、家の外・家の中に分けてご紹介してきました。

私はこうしてブログ記事を書いたり、映画やドラマを観たり、読書をするのが夜の独りの過ごし方です。

東京など大都市に住んでいれば終日営業の店は多いですが、ちょっと離れた地方になるとそうもいきません。

でも家の中でも探せば、けっこう楽しく暇は潰せるものですよ。

西門 カジカ

一人暮らし歴20年以上のアラフォー会社員。ズボラな性格でいかに家事の手間を減らせるか、いろいろ試すのが大好き。ゴキブリが大の苦手。

西門 カジカをフォローする
スポンサーリンク
スポンサーリンク
悩みとトラブル
カジカ文庫

コメント

タイトルとURLをコピーしました