テレビが勝手につく原因(特に夜中)アレの操作で完全解決!

スポンサーリンク

テレビが勝手につく原因

夜中、スヤスヤ寝ていたら、テレビが勝手につく……そんな経験、私も何度かありました。

静かな部屋のなかに突然テレビの大音量が鳴り響き、真っ暗闇に明るい光が射すので、ドキッとするんですよね……。

あれって、本当に心臓に悪いですよ!

その原因のほとんどは、テレビの設定や不調にあるんですね。

けっして、幽霊とか盗聴器が作動しているとか、そんな怪しい理由ではないのでご安心を。

ソニーとか東芝とかシャープとかパナソニックとか、メーカーには関係なく原因は共通しています。

ここでは、そんな

  • テレビが勝手につく原因と対処法
  • 疑う人は多いけど原因とは考えにくいもの
  • 勝手に電源が入らないようにする完璧な予防策

などなど、いまでは安眠を手に入れた管理人がくわしく解説していきましょう。

スポンサーリンク

テレビが勝手につく7つの原因と対処法

テレビが勝手につくのは、ペットの犬や猫がリモコンを踏んづけたとか、そんな単純な原因ならすぐ気づくはず。

でも、機械の内部的なことや、目に見えない電波が原因だったりすると、女性はもちろん、メカに強い男性でもお手上げでしょう。

そんなテレビが勝手につく原因として考えられるのは、以下の7つ。

  • テレビやリモコンの故障
  • オンタイマー(視聴予約機能)が起動した
  • 人感センサーが反応した
  • HDMI接続機器(レコーダー)との連動設定がONになっている
  • 違法電波の影響
  • 緊急警報放送を受信した
  • 照明の光で誤作動した

では、ひとつずつご自分に当てはまるか、そしてその対処法も一緒にチェックしてみてください。

テレビやリモコンの故障

バカにするようで申し訳ありませんが、テレビが勝手につく原因として最も可能性が高いのが、単純にテレビやリモコンが故障していることです。

最近のテレビには、「オンタイマー」といって、指定した時間にテレビの電源を入れる機能がついているんですね。

そうした機能がアダとなり、テレビの故障によって誤作動する可能性は十分に考えられますよ。

また、リモコンが故障し、勝手に電源を入れる電波を飛ばしている可能性もありえますね。

【対処法】テレビとリモコンを個別にチェックする

テレビとリモコンのどちらが故障しているのか、それを判別しましょう。

まずテレビの故障をチェックする方法から。

  1. テレビの主電源を切った状態にする
  2. テレビが勝手につくか様子を見る

この状態でテレビの電源が勝手に入るならば、テレビ自体の故障が疑われます。

※主電源が入っていなければ、リモコンの電波を感知しないため、リモコンは関与しません。

もし、これで電源がつかなければ、次にリモコンをチェックします。

  1. テレビをつけてからリモコンで消す
  2. リモコンをテレビの傍に置いて勝手につくか様子を見る

これでテレビがつくようなら、リモコンの故障が疑われます。

テレビ本体の故障なら、メーカーの修理サービスや電気店などに点検を依頼。

リモコンの故障なら、メーカー純正品か汎用品のリモコンの購入をお考えください。

※ただ、これだけではテレビ(もしくはリモコン)の故障とは100%断言できないため、その他の考えられる原因もチェックされてください。

オンタイマー(視聴予約機能)が起動した

もし毎日同じ時間にテレビがつくようなら「オンタイマー」(視聴予約機能)が作動している可能性が高いですよ。

オンタイマーとは、観たい番組を見逃さないためや、目覚まし時計の代わりにテレビを活用できる便利な機能。

最近のテレビには、ほとんど搭載されています。

このオンタイマーを設定したのに、すっかり忘れて、そのせいで勝手にテレビがつく現象が起こっている場合もありえるでしょう。

※シャープのアクオスの場合、「おはようタイマー」がそれに該当します。

【対処法】オンタイマーをオフにする

テレビのリモコンを使い、設定メニューを開いてオンタイマーの状態を確認します。

もし[入]になっていたら、[切]にして、オフにしましょう。

これで勝手にテレビが「オン」になるのを防げます。

人感センサーが反応した

液晶テレビの機種によっては「人感センサー」が搭載されています。

人感センサーとは、人の動きを感知する機能で

  1. テレビの視聴中(電源オン状態)
  2. 人の動きがなくなる⇒節電画面に切り替わる
  3. 一定時間が経過⇒テレビの電源がオフになる

このような流れで、人が見ていないと判断したときにムダな電気を消費しないように電源が切れるんですね。

この機能をオンにしているのを忘れたり、あるいは家族が設定してオンにしている場合、テレビが勝手についたと勘違いするかもしれません。

たとえば

  1. 家族がテレビを付けたまま席を外す
  2. テレビが自動的にオフになる
  3. そこへあなたがやってきて人感センサーが反応
  4. 電源がオンになってびっくりする

こんな事態が日常茶飯事になっていることも考えられるでしょう。

※人感センサーは、私が調べた限りソニーとシャープの機種に備わっており、呼び名がそれぞれ異なります。

  • ソニー「ブラビア」:人感センサー
  • シャープのアクオス:ムーブセンサー

【対処法】人感センサーをオフにする

人感センサーはテレビを観ながら寝てしまう(いわゆる「寝落ち」)する人以外、ほとんど不要だと思います。

液晶テレビの説明書を用意し、設定画面から人感センサー(ムーブセンサー)をオフにします。

電源が切れて待機状態になるまでの時間を長く伸ばすのもいいでしょう。

※説明書は各メーカーのウェブサイトでも公開されていますので、見つからない場合はそちらでご覧ください。

HDMI接続機器(レコーダー)との連動設定がONになっている

液晶テレビにブルーレイレコーダー(またはDVDレコーダー)を接続して使っている人は、「連動設定」のせいでテレビが勝手につくのかもしれません。

ブルーレイレコーダーなど録画機器の接続には「HDMIケーブル」という特殊な線が使われています。

このHDMIケーブルで繋がれた機器同士は、片方の電源を入れるともう片方の機器の電源まで自動的にオンになるよう設定できるんですね。

これを「HDMI接続機器の連動設定」と言います。

つまり、ブルーレイレコーダーで予約録画が開始され電源がオンになると、テレビまで連動して勝手にオンになってしまうんですよ。

※ソニーのブラビアの場合は「ブラビアリンク」、パナソニックのビエラの場合は「ビエラリンク」と呼ばれる機能です。

【対処法】HDMI連動設定をオフにする

HDMI連動設定はテレビを切れば、レコーダーの電源まで切れるので非常に便利です。

しかし、必要ないときまで電源が入ってしまうとしたら、不便極まりない!

テレビの設定画面を開き、HDMI連動機能を「オフ(使用しない)」に変更しましょう。

違法電波の影響

トラックやダンプカーなど大型車が頻繁に行き交う通りの近くに住んでいる場合、違法電波の影響を受けているかもしれません。

大型車のドライバーは仲間と連絡を取り合う際、無線を使用します。

通常の認可された無線なら、専用の帯域の電波を使うため問題はありません。

しかし、一部のドライバーは違法とされる電波帯を使用するため、それがテレビのリモコンの電波と干渉し、勝手にテレビがつくことも……。

【対処法】寝る時や不在時は主電源を切る

トラックやダンプカーなどが発信する違法電波をシャットアウトするのは、困難な作業になります。

走り去る車両が発信源ですから、犯人を特定するのも難しく、やめさせるのは現実的に不可能。

くやしいですがここは、寝るときや不在時に勝手にテレビがつかないよう、主電源を切るようにしておきましょう。

主電源さえ切っておけば、違法電波で電源がオンになることはありません。

緊急警報放送を受信した

「緊急警報放送」とは、地震や津波などの災害が発生し警報が発せられたり、避難命令が出されたときに放送される番組のこと。

この緊急警報放送を知らせるために、自動的にテレビのスイッチを入れる機能が一部のテレビに備わっているんですね。

夜中にパッとテレビがついて驚いた時を思い出してください。

どこか近くで災害が起こり、NHKや民放各局が緊急ニュースを放送していなかったでしょうか?

緊急警報放送を受信できるテレビは、ほんの一部に限られますが、知らないで自宅に設置している人のほうが多いと思います。

緊急警報放送を受信できるテレビの機種名を、一部ですが調べてみました。

  • シャープ:LC-○○L5シリーズ
  • ソニー:XR1/X1シリーズ/X7000/X5050/X5000/W5000
  • パナソニック:TH-32/26LX500
※主電源を切ったり、電源スタンバイ状態にしていると緊急警報放送を受信できないテレビと、電源スタンバイ状態でも受信できるテレビがあります。

【対処法】安全のため何もしない

緊急警報放送は設定メニューからオフにすることも可能です。

しかし、昨今の日本では地震など自然災害が多発しているため、安全のためにオンにしておくことをお勧めします。

※毎月1日正午に動作試験の信号が放送されていますので、正常に動作しているか一度チェックしておくといいでしょう。

照明の光で誤作動した

電気関係の仕事をしている方によると、非常に珍しいそうですが、一応可能性があるのでご紹介します。

それが、天井の蛍光灯の光がリモコンの受光部に当たり、そのせいでテレビのスイッチが入ってしまうというケース。

テレビのリモコンのほとんどは「赤外線」という人間の目には見えない光を出します。

そして、その光(赤外線)をテレビの受光部に当て、スイッチのオンオフやチャンネルを変更する仕組み。

そのリモコンが出す信号としての「光」を、照明の光が担ってしまうんですね。

【対処法】テレビの位置や角度を変える

いまのテレビの位置が、ちょうど蛍光灯の光が当たる絶好の角度になっているのかもしれません。

テレビの設置場所を変えるか、設置角度を変えて、しばらく様子を見てください。

照明の影響を受けずテレビが勝手につかないように、何度か調節してみましょう。

スポンサーリンク

テレビが勝手につく原因とは考えにくい5つの説

疑わしいけどテレビが勝手につく原因とは考えにくい説といえば、こちらの5つ。

  • 隣家や隣の部屋のリモコン操作が影響
  • 地震の前兆
  • 盗聴器が設置されている
  • 幽霊のイタズラ(スピリチュアルな心霊現象)
  • 瞬時電圧低下(落雷)

一部では信じられている説も、実はマユツバものだったりするんですよ。

隣家や隣の部屋のリモコン操作が影響

隣の家やアパートやマンションの隣の部屋の住人がリモコン操作するせいで、自分の部屋のテレビが勝手につく……これはほぼありえません。

テレビのリモコンには以下の2種類があります。

  • 赤外線リモコン
  • 無線リモコン

現在は赤外線リモコンが主流ですが、赤外線リモコンは、わずかな障害物があるだけで信号が届きません。

たとえ同じメーカーのテレビで、同じリモコンを使っていても、壁があり距離がある隣家や隣の部屋まで届くことまずないでしょう。

奇跡的に壁に反射させれば届くかもしれませんが、それも可能性としては非常に低いと言わざるを得ません。

一方の無線リモコンは障害物に強いと言われますが、さすがに距離が離れて厚い壁を挟んだ周囲まで届くとは考えられないですよ。

地震の前兆現象

一部では、地震が起こる前に勝手にテレビがつくというウワサが囁かれています。

しかし、これは完全な誤解です。

地震が電化製品のスイッチを入れたという話は、これまでの震災体験談からも聞いたことがありませんから。

おそらく緊急警報放送を受信できるテレビを所有していて、その機能にくわしくない人が誤解したところから、こんなデマが流れたのでしょう。

また、混同しやすいですが、地震発生時の「緊急地震速報」が流れてもテレビが自動的につくことはないですよ。

  • 緊急警報放送⇒対応テレビは電源がオンになる
  • 緊急地震速報⇒すべてのテレビで電源はつかない
※地震の前兆として影響があるとしたら、テレビの放送が乱れるくらいです。(それも定かではありませんが)。

盗聴器が設置されている

盗聴器が仕掛けられた部屋では、勝手にテレビがつくというウワサもあります。

ですが、これも完全な誤解でしょう。

盗聴器には盗聴した内容(データ)を離れた場所にある受信機に飛ばす機能があります。

その際に電波を発するわけですが、無線リモコンに対応したテレビでも、そもそも使われる電波帯が異なります。

ですから、盗聴器から影響を受ける可能性はゼロというわけですね。

※盗聴器がもし仕掛けられていて影響を受けるとしたら、せいぜいテレビにノイズが乗っかるくらいです。

瞬時電圧低下の影響

「瞬時電圧低下」とは、瞬間的な停電のこと。

瞬停(しゅんてい)とも呼ばれ、送電線に落雷があったときに起こります。

ほんの一瞬、電力供給が絶たれ、すぐに復旧するわけですが、その時間は0.05~0.秒ほど。

この瞬時電圧低下のせいでテレビが勝手につくとも言われますが、考えてみてください。

テレビを電源オフにした状態でコンセントを抜いて、すぐに差し込むと画面が映るでしょうか?

映りませんよね?つくのは主電源のスイッチだけ。

リモコンの電源を押さない限り、テレビがつくことはありません。

ですから、この説も誤りといっていいでしょう。

幽霊のイタズラ(スピリチュアルな心霊現象)

怪談話では「テレビが勝手についた」なんてエピソードがありがち。

本格的に幽霊が姿を現す前触れとして、小道具のようにテレビが使われるわけですね。

そんなイメージが頭に叩き込まれているせいか、テレビが勝手につくのは幽霊の仕業だと信じる人も多いはず。

ポルターガイストみたいなスピリチュアルな現象に見えるのは、私も理解はできます。

一人暮らしだと心細くて、ついそっちの空想が広がってしまうのは無理ありません。

ただ、100%否定はしませんが、大半の原因はここまで解説してきた物理的な現象に起因します。

目に見えない原因をあれこれ探るより、単純に機械的な故障や設定ミスを疑ったほうが精神衛生上、良いですよ。

テレビが勝手につくのを根本的に予防する方法

この記事で紹介した7つの原因のうち、どれも該当しないとなったら、いよいよ八方塞がりですね……。

そんなときはひとまずダメ元で、B-CASカードの差し直しをしてみてください。

私の経験上、テレビのトラブルの何割かはそれで解決しますから。

もしそれでもダメなら、2つの根本的な予防法に移りましょう。

  • テレビの主電源を切る
  • テレビのコンセントを抜く

寝る前や出かける前にこれさえやっておけば、エクソシスト的な霊現象に見舞われていない限り、テレビが勝手につくことはありえません!

テレビの主電源を切る

テレビの電源システムは

  1. リモコンで電源を切る⇒待機状態に移行(主電源はオン)
  2. 本体の主電源を切る⇒完全に電源がオフになる

という2段階構造になっています。

ほとんどの人が普段はリモコンで電源を切るだけで、主電源はつねにオンにしてあるはず。

この状態だとテレビの故障やリモコンの不具合、その他の環境的な要因でテレビが勝手につく可能性があります。

それを防ぐために、寝る前や出かける前、長時間テレビを観ないときは主電源をオフにしましょう。

テレビのコンセントを抜く

もし主電源を切った状態でも、夜中や昼間に勝手にテレビがついてしまうなら、もう最終手段。

テレビを観ていないときは、コンセントを抜いてしまいましょう。

こうすれば100%、いや1000%、神に誓ってもテレビがつくことはありませんから。

わずかながらテレビはオフにしている間も待機電力を消費しているので、節電にもなりますよ。

スポンサーリンク

まとめ

テレビが勝手につく原因は、この7つです。

  • テレビやリモコンが故障した
  • オンタイマーが起動した
  • 人感センサーが作動した
  • HDMI接続機器の連動設定がオンになっている
  • トラックなどの違法電波が届いた
  • 緊急警報放送を受信したせい
  • 蛍光灯の光が受光部に当たる

そして、私が「それは違うよ」と言いたい誤った疑惑がこの5つ。

  • 隣人のリモコン操作が届く
  • 地震の前触れとして
  • 設置された盗聴器からの電波
  • 幽霊がイタズラをしている
  • 落雷で瞬時電圧低下が起こった

もしも原因が突き止められない場合は、最悪、テレビの主電源を切るようにするか、いっそコンセントを抜いてしまう習慣をつけることですね。

西門 カジカ

一人暮らし歴20年以上のアラフォー会社員。ズボラな性格でいかに家事の手間を減らせるか、いろいろ試すのが大好き。ゴキブリが大の苦手。

西門 カジカをフォローする
スポンサーリンク
スポンサーリンク
悩みとトラブル
カジカ文庫

コメント

タイトルとURLをコピーしました