PCモニターはメーカーが無料引き取りしてくれる!手順を説明

スポンサーリンク

PCモニターはメーカーが無料引き取りしてくれる!手順を説明

PCモニターが壊れました……。

処分方法をネットで検索してみると、無料で引き取ってくれる業者がたくさんヒット!

でもよく読むと、どの業者も「故障していない完動品のみ」という条件があり、NG……。

しか~し、さらに調べてみると製造メーカーが無料で引き取ってくれると分かり、無事「1円も使わずに」捨てることに成功しました。

そこで当記事では

  • メーカーが無料で引き取ってくれるパソコンモニターの条件
  • 無料回収してもらう手順

など、私が実際に試した体験をベースにお伝えしていきますね。

スポンサーリンク

メーカーが無料で引き取ってくれるPCモニターの条件

PCモニターは燃えないごみとして、普通にゴミ捨て場に捨てることはできませんよね?

それもそのはず、PCモニターやパソコンは「再利用・リサイクル」するように国が法律で推進しているため、いい加減に捨てることはできないのですよ。

でも、ご安心ください。

実はパソコンモニター(PC本体も)を買った費用に、すでにリサイクル費用が含まれているため、処分費用と運送費を1円も払わずに捨てることができるようになっているんです!

ただ、それには以下の条件があります。

平成15年(2003年)10月以降に購入した製品に限られる

そんなこと言われても「いつごろ買ったか忘れちゃった」という人も多いかもしれません。

そういう人は、PCモニターの裏側を確認してみてください。

「PCリサイクルマーク」が付いていないでしょうか?

「PCリサイクル」マークとは?

PCリサイクルマークとは、こんなデザインです。

PCリサイクルマーク

PCリサイクルマークのシールが貼ってあったり、本体に印刷してあれば、製造メーカーに連絡すると

  • PCモニターの処分費用
  • PCモニターの運搬費用

この2つをすべてメーカー側の負担で廃棄することができるんです。

処分にかかる費用はもちろん、製造メーカーにPCモニターを送る際の送料も「着払い」でOK!

では、そのやり方を流れを見ていきましょう。

※2003年10月以降に製造されたディスプレイでもPCリサイクルマークシールが貼られていない製品もあります。

その場合もメーカーに依頼すれば無料で引き取りが可能です。

PCモニターの無料引き取りの「申し込み~回収」までの流れ

PCモニターを製造メーカーに無料で引き取ってもらうには、以下の手続きをします。

その流れがコチラ。

  1. 製造メーカーのHPから無料引き取りの申請をする
  2. 製造メーカーから「エコゆうパック伝票」が送られてくる
  3. PCモニターを梱包して伝票を貼る
  4. 郵便局のHPから集荷を依頼する
  5. 自宅に郵便局の車がやってきてPCモニターを回収

ひとつずつ、順を追って説明していきますね。

製造メーカーのHPから無料引き取りの申請をする

まず最初に廃棄したいPCモニターの製造メーカーのHP(ウェブサイト)にアクセスします。

検索する際は「メーカー名+引き取り」というキーワードで検索すると「モニター回収申し込み」のページがヒットしますよ。

私の場合、BenQのモニターだったので「BenQ+引き取り」で検索すると、以下のサイトが見つかりました。

BenQのモニター回収申し込みページ

BenQモニターリサイクル

「モニター回収申し込み」のページから、名前・住所・電話番号・メールアドレスの他に

  • 製品の型番(プロダクトネーム)
  • 製造番号(シリアルナンバー)

を入力するように求められます。

これら2つの情報は、PCモニターの裏に貼られたシールに記載されています。

BenQモニターの裏のシリアルナンバーとプロダクトネーム

BenQ-G2400WDのプロダクトネームとシリアルナンバー

必要項目をすべて入力し送信ボタンを押すと、メールボックスに確認のためのメールが届いているはず。

申し込み手続きをしたら、製造メーカーから伝票が送られてくるのを待ちましょう。

製造メーカーから「エコゆうパック伝票」が送られてくる

伝票が入った封筒

PCモニターの回収申込みをしてから、だいたい1週間ほどで「エコゆうパック」の伝票と、注意書きが記載された冊子が同封された封書が届きます。

BenQの場合、郵便局のゆうパックでしたが、他のメーカーでは違う配送業者かもしれません。

その場合でもやり方は一緒でしょうから、ここからのやり方も大きな違いはないでしょう。

封書のなかには「着払い用の伝票」が入っています。

エコゆうパックの伝票

宛名と送り主があらかじめ印刷されているので、こちらでは一切記入する必要がありません。

その他に注意書きの冊子も同封されています。

冊子の上部

冊子の中段

冊子の下段

PCモニターを梱包して伝票を貼る

伝票を貼ったPCモニターのダンボール

処分したいPCモニターをダンボールに詰めて梱包します。

大型(23インチ位)になるとサイズに合ったダンボールが見つかりにくいと思いますが、その場合はビニール袋に入れるだけでも構いません。

私の場合、たまたま買った時のダンボールを保存していたのでラクでした(笑)

梱包が終わったら、外箱に伝票を貼り付けましょう。

郵便局のHPから集荷を依頼する

郵便局に家までPCモニターを取りにきてもらうために「集荷」の連絡をします。

電話でももちろんできますが、ネット上でも集荷受付をしているので、そちらを利用したほうがカンタンですよ。

郵便局のWEB集荷受付

集荷に来てほしい日付や時間帯、荷物の大きさなどを入力すれば、あとは待つだけ。

自宅に郵便局の車がやってきてPCモニターを回収

指定した日の指定した時間帯に郵便局の軽ワゴンがやってきます。

局員に梱包したPCモニターを引き渡して、すべてが完了です。お疲れさまでした。

※PCモニターを家の外に置いておき、それを無人で回収してもらうことはできません。

かならず対面で引き渡す必要があります。

まとめ

最近のパソコンモニターは23インチ以上が当たり前で、これを自分でどこかに捨てに行くとしたら自動車は必須。

それをすべて無料でやってくれるんですから、利用しない手はないですよね。

不要なPCモニターは狭い部屋や押し入れを圧迫するだけです。

一日も早く申請して、処分しちゃいましょう。部屋もココロもスッキリしますよ。

▼関連記事▼
一人暮らしをやめたい時の5つの対処法【大学生・社会人へ】

スポンサーリンク
スポンサーリンク
悩みとトラブル
カジカ文庫

コメント

西門 カジカ

一人暮らし歴20年以上のアラフォー会社員。ズボラな性格でいかに家事の手間を減らせるか、いろいろ試すのが大好き。ゴキブリが大の苦手。

西門 カジカをフォローする
タイトルとURLをコピーしました