ブラックキャップの匂いがきつい!いつまで続く?外のゴキブリを呼び寄せる?

スポンサーリンク

使用感をレビュー ブラックキャップはどんな臭い?

ブラックキャップは、ネット上では効果が絶賛されています。

しかし、その一方では「匂いがきつい!」という声も目にしますよね?

一人暮らしの部屋は狭いのが当たり前なので、部屋中にニオイが充満しちゃったら……

という心配はあるはず

ワンルームに住んでいる方はなおさらでしょう。

そこで当記事では

  • いつまで匂いを感じるのか?
  • 家具や洋服などに匂い移りしないか?
  • 匂いのせいで外のゴキブリを呼び寄せないか?

などなど、私が実際に購入して部屋に置いてみたレビューをもとにまとめていきます!

スポンサーリンク

ブラックキャップの匂いはいつまで感じる?

上から見たブラックキャップ

ブラックキャップを上から見た様子

実際にパッケージから取り出したブラックキャップは、けっこう匂いを感じます。

そして、6畳の部屋に2つ置いてみたところ、しばらくは独特の匂いが漂ってきました。

置いた初日はずっと「あぁ、これがブラックキャップの臭いか」といちいち意識するくらい強く感じるほど。

でも、翌日になると少し薄れて、翌々日にはもう意識から飛んでしまいますよ。

これってトイレの消臭剤が置いてからしばらくはいい匂いがするけれど、2~3日すると鼻が慣れて感じなくなるのと一緒だと思います。

つまり匂い自体が消えるのではなく、鼻が匂いに慣れてしまうんですね。

家具や洋服に匂い移りしない?

ブラックキャップを開封するとムッとする匂いがあるし、部屋に置くとプ~ンと独特のニオイが鼻孔をくすぐります。

これだけ匂いが強いと、家具や洋服、はたまた部屋自体に匂い移りしちゃうんじゃないかと心配かもしれません。

でも、私が実際に使ってみた結果、そんな弊害は一切感じたことがありません。

ブラックキャップも長く置けばすぐに匂いが薄れますし、広い空間に置くため拡散して、匂いが他の物に移る危険性はまずないと思います。

また冷蔵庫やテレビ、タンスの裏にブラックキャップを差し込むように置いても、その場所に匂いが残ることも一切ないのでご安心を。

ブラックキャップの匂いで外のゴキブリを呼び寄せる恐れは?

一時的な匂いでも、これだけ強いと外にいるゴキブリを家の中へ呼び寄せてしまうのでは?と恐れる人も多いハズ。

でも、それについては心配ご無用。

ブラックキャップの「誘引効果」は、周囲の半径1~2mしかありませんから。

つまり、匂いが届いてゴキブリを惹き寄せても、せいぜい1~2mの範囲にいるゴキブリのみなんですね。

これは壁がない開けた空間を想定しているでしょうから、建物の外にいるゴキブリに匂いが届くわけがありません。

ですから、隣家など外部からゾロゾロとゴキブリを招き寄せる恐れはゼロですよ。

【参考】アース製薬「ブラックキャップに関するよくあるご質問」

ブラックキャップはどんな臭い?【私の正直なレビュー】

ブラックキャップの中袋

ブラックキャップの中のアルミビニール袋

ブラックキャップは外箱が「紙パッケージ」で、そのなかにアルミのビニール袋に包まれて本体が入っています。

このビニール袋を破ってブラックキャップ本体を取り出すと、鼻にツーンとしたニオイを感じました。

12個全部のブラックキャップ

中に入っているのは12個

【私が感じたブラックキャップのにおい】

  • 甘ったるい匂いである
  • 人間にとっては「良いニオイ」ではない
  • ものすごく不快なニオイではない(臭くはない)

というのが、正直な感想です。

あえて例えるなら煮詰めたカラメルのような、どっしりした重たい甘さがあるニオイですね。

「ああ、いい匂い」とは絶対に言えませんが、かといって「鼻をつまみたくなるほど」嫌なニオイではありません。

ブラックキャップってどんな商品?特徴まとめ

ブラックキャップのパッケージの裏面

ブラックキャップのパッケージの裏の説明文

ブラックキャップは、部屋に置いておくだけでゴキブリを退治してくれる「毒餌(どくじ)タイプ」の駆除剤。

毒餌タイプのゴキブリ駆除剤は類似商品がたくさんあるなかで、ネット上では「ブラックキャップが最強」と呼ばれる理由をこれから紹介していきます。

置いたその日から効く!

これは大げさじゃなく私も体験したので、本当です。

ブラックキャップを置いた「次の日」に、床の上に死んでいるゴキブリが転がっていたことがありますから。

メスが持っている卵にも効果がある

ブラックキャップの毒成分は食べた成虫のみだけじゃなく、メスが抱えている卵にも効果があるんです(抱卵初期に限られますが)。

ですから、親とまだ生まれる前の子供の両方を一網打尽にできるんですね。

巣にいる他のゴキブリもまとめて駆除できる

ブラックキャップの毒餌を食べたゴキブリは、やがて巣に帰還すると、そこでコロッと死にます。

また、死ぬ前に巣でフンをすることもあり、それを食べたゴキブリも合わせて死ぬ場合も。

※ゴキブリは仲間のフンや死骸を食べる習性があります。

ブラックキャップの毒の効果が連鎖的に広がって、巣ごとまとめて駆除できるんですね。

薬剤に抵抗力を持ってしまったゴキブリにも効く強力さ

近年、スプレータイプの殺虫剤には抵抗力がついたゴキブリが誕生しているそうです。

しかし、毒の餌を食べさせるブラックキャップなら関係なく効果が出ます。

ゴキブリが好む半生タイプの餌なので食いつきがいい!

設置してから数週間~数ヶ月経ってからブラックキャップの内部を覗き込んでみてください。

明らかにゴキブリが「かじった跡」が見受けられますから。

ほかの毒餌タイプの駆除剤の多くが固く乾燥した餌を使っている事がほとんど。

しかし、それらはあまり食べられた跡が見られませんので、効果の差となってあらわれるんだと思います。

容器の形状や色がゴキブリにとって最適

ブラックキャップのケースは中の毒餌が食べやすいように3方向に空いています。

その形状のおかげで中にアタマをつっこむと暗闇になるために、ゴキブリは安心して食事ができます。

こうして警戒感を抱かせない配慮がされているので、食いつきが良く、たくさん食べせられるため効果が出やすいんですね。

ブラックキャップの効果が続く期間は?

以前のブラックキャップは「設置後、6ヶ月間」効果が持続すると説明されていました。

しかし、現在では「設置後、約1年」の効果が持続すると謳っています。

なんでも開封してから1年経過したブラックキャップでも駆除する効果が確認できたため、持続期間が延長されたとか。

ですから、今年の春に設置すれば、来年の春までみっちり一年間は新しい商品と交換する必要はないんです。

ブラックキャップのネガティブな口コミ

横から見たブラックキャップ

真横から見たブラックキャップの容器

色んなレビューサイトを巡回して、実際にブラックキャップを買った方が漏らした不満点や文句についての口コミを集めてみました。

パッケージの色が黒なのでゴキブリと間違えてしまう

パッケージのゴキブリのイラストが気持ち悪い

床や壁の色と同化するような白など他の色が欲しい

置いた場所を忘れてしまう

内容物がすべて1つの袋に入っているので、分けて使いづらい

設置した直後は臭いが気になる

人の目につく場所でゴキブリが死ぬ場合がある

湿気の多い場所に置いたらカビが生えた

たしかに私自身、夜中にトイレに行く時に薄明かりで、部屋の隅に置かれたブラックキャップを見ると

一瞬「ゴキブリかっっ???」

と勘違いすることがあります。

ブラックキャップを買わないほうがいい人

ブラックキャップを置くと、室内の目につく場所で

  • 手足をヒクヒクさせて死にかけているゴキブリ
  • すでに事切れている死骸

を発見することも。

設置すると毎回ではありませんが、ときたまあります。

ですからゴキブリの死骸を自分で処理できない人は、辛いでしょう。

また、インテリアに凝るタイプで、部屋全体を白系に統一している人はちょっと抵抗感があるかも?

ブラックキャップの決して「スタイリッシュとは言えない」本体デザインと、異様な真っ黒なカラーは受け入れられないかもしれませんね……。

そういう「見た目」にこだわりがある人は、ホウ酸団子を使うか、ブラックキャップを覆うケースを自作するしかないと思います。

スポンサーリンク

ブラックキャップのポジティブな口コミ

ブラックキャップの裏側

ブラックキャップの容器を裏から見た様子

次にブラックキャップを使ってみて、効果があった・買って良かったとポジティブな口コミをまとめてみました。

置いて3日目からピタリとゴキブリが出なくなった

類似商品を試したけれど結局これが一番効果があった

何年もリピート中。これのおかげでゴキブリを見かけていません

置いた翌日にひっくり返って痙攣するゴキブリの姿が!

ただ置くだけでゴキブリが出なくなります

これさえあれば他の駆除剤は一切必要ない

容器が小さくて置いても気にならない

独特の臭いは置いてから数日で気にならなくなった

捨てる時に中身が見えない点が良い

もし本体を踏んでも硬いので壊れにくい

いろんなレビューサイトを見て回りましたが、

賛否の割合は「9割ポジティブ:1割ネガティブ」

くらいで、圧倒的に絶賛する声が多かったです。

こんな人はブラックキャップを買うべき!

生きたゴキブリを新聞紙で叩いたり、殺虫スプレーをかけて殺すのが苦手な人はブラックキャップを買うべきです。

たまにブラックキャップの毒餌を食べた結果、死んだり、瀕死状態のゴキブリが部屋に転がっていることがあります。

が、それは設置直後に数回あるだけ。

ほとんどのゴキブリは我々人間の目の届かない場所でひっそりと逝ってくれるので、死骸を処理する手間(気持ち悪さ)からも解放されます。

つまり「退治&死骸の処理」が苦手な人は、ブラックキャップ以外の選択肢はないってことですね。

ブラックキャップが買える場所

ブラックキャップが買える場所(店)はだいたいこんなところです。

  • スーパーマーケット(大きめな店舗のみ)
  • ドラッグストア
  • ホームセンター
  • ネット通販(Amazon・楽天市場・ヤフーショッピング等)

あくまで私が住んでいる地方の状況でいうと、スーパーマーケットやホームセンターよりもドラッグストアのほうが安いですね。

ドラッグストアよりも安いのがAmazonです。


※値段は常に一定ではないので、最近の価格状況は各店舗で直接お確かめください。
スポンサーリンク

まとめ

ブラックキャップが臭いという口コミは本当なのか、私の率直な感想をまとめると

  • たしかに甘ったるい臭いがする
  • だけど極端に不快ではない
  • 数日すれば慣れて気にならなくなる

という感じなので、臭いを気にして買うのをためらっているとしたら「気にする必要はないですよ」とアドバイスしたいくらい。

もし嗅覚が異常に敏感な人でも、ブラックキャップはそんなのが気にならなくなるくらい効果がすごいので、ゴキブリに悩んでいる人は今日スグにでも買うべきだと思いますよ。

私もヘビーユーザーで年に1回置いていますが、そのおかげでほぼゴキブリをみかけませんから。

西門 カジカ

一人暮らし歴20年以上のアラフォー会社員。ズボラな性格でいかに家事の手間を減らせるか、いろいろ試すのが大好き。ゴキブリが大の苦手。

西門 カジカをフォローする
スポンサーリンク
スポンサーリンク
害虫対策
カジカ文庫

コメント

タイトルとURLをコピーしました