安くてお腹いっぱいになる外食店11選【500円以下限定】

スポンサーリンク

安くてお腹いっぱいになる外食店11選

一人暮らしだと、食事にはお金をかけられません……。みんな貧乏ですからね。

でも、たまにはパァ~っと贅沢して外食したい日もあるはず。

面倒な自炊を休めて、おいしい料理が食べられる外食って最高ですもん。

そこで、当記事では

  • 500円以下の安くてお腹いっぱいになる外食チェーン店
  • 500円以下で腹を満たすファストフード&弁当屋のお勧めメニュー
  • 外食の値段を1円でも下げる5つのコツ

などなど、20年の一人暮らし生活で身につけた貧乏外食の知識&ワザを紹介していきましょう。

スポンサーリンク
目次
  1. 【500円以下】安くてお腹いっぱいになるコスパ最強の外食チェーン11選
    1. 天丼てんや
      1. オススメ!てんやの満腹メニュー
    2. サイゼリア
      1. オススメ!サイゼリアの満腹メニュー
    3. かつや
      1. オススメ!かつやの満腹メニュー
    4. なか卯
      1. オススメ!なか卯の満腹メニュー
    5. 餃子の王将
      1. オススメ!餃子の王将の満腹メニュー
    6. 丸亀製麺
      1. オススメ!丸亀製麺の満腹メニュー
    7. はなまるうどん
      1. オススメ!はなまるうどんの満腹メニュー
    8. 松屋
      1. オススメ!松屋の満腹メニュー
    9. リンガーハット
      1. オススメ!リンガーハットの満腹メニュー
    10. すき家
      1. オススメ!すき家の満腹メニュー
    11. 吉野家
      1. オススメ!吉野家の満腹メニュー
  2. 【500円以下でテイクアウト】ファストフード&弁当でお腹をいっぱいにする!
    1. マクドナルド
      1. オススメ!マックの満腹メニュー
    2. ほっともっと
      1. オススメ!ほっともっとの満腹メニュー
  3. 【1000円前後】食べ放題でお腹いっぱいにする外食チェーン3選
    1. ステーキガスト
    2. ビッグボーイ
    3. バーミヤン
  4. ごはんが「おかわり自由」な外食チェーン
  5. 外食の値段を1円でも下げる5つのポイント
    1. 飲み物(ドリンクバー)は絶対に頼まない
    2. クレジットカードで支払いポイントを貯める
    3. クーポン(割引券)を使って値引きしてもらう
    4. ポイントカードを提示してポイントを貯める
    5. 定期的な値引きされる日を狙って利用する
  6. 安くてお腹いっぱい食べられる穴場の外食スポット3選
    1. 大学の学食
    2. 市役所や区役所の食堂
    3. 総合病院の食堂
  7. まとめ

【500円以下】安くてお腹いっぱいになるコスパ最強の外食チェーン11選

500円以下(ワンコイン)という安さながら、お腹がいっぱいになる外食チェーン11店舗がこちら。

  1. 天丼てんや
  2. サイゼリア
  3. かつや
  4. なか卯
  5. 餃子の王将
  6. 丸亀製麺
  7. はなまるうどん
  8. 松屋
  9. リンガーハット
  10. すき家
  11. 吉野家

天丼てんや

天丼・天ぷら単品・天ぷらそば/うどんが食べられるのが「天丼てんや」

揚げたてサクサクの天ぷらがリーズナブルな値段で食べられるとあって、若い世代にも人気です。

さすがに天ぷらは海老など高い食材を使うので、500円以下のメニューは限られます。

オススメ!てんやの満腹メニュー

私がよく頼むのは、味噌汁付きの天丼(並盛)500円。

というか、ほぼこれしか食べたことがありません。ご飯の量が多いのでそこそこ満腹になりますよ。

一旦この並盛は540円に値上げされたんですが、2020年5月18日より再び500円(ワンコイン)に値下げされました。

さらにてんやの公式サイトにあるクーポンを提示すると、50円引きになるサービスも!

サイゼリア

低価格イタリアンレストランチェーンとして、高校生から年配まで人気なのが「サイゼリア」(略称は「サイゼ」)。

ほとんどが500円以下のメニューで、その中で人気なのがこちら。

  • ミラノ風ドリア(299円)
  • マルゲリータピザ(399円)
  • 辛味チキン(299円)

安いだけあって、どれも量的にはちょっと少なめ。

なのでいくつか組み合わせないとお腹いっぱいにはならないかも……。

オススメ!サイゼリアの満腹メニュー

ミラノ風ドリアはたしかに美味しいですが、男性だとそれだけでは足りないですね。

かといってピザと組み合わせると、結局1,000円近くになってしまう……。

そんなジレンマを解消するには、ハンバーグステーキ(399円)とライス(169円)の組み合わせがお勧め。

約600円になってしまいますが、他のファミレスでは980円くらいしそうなハンバーグとライスのセットがこの値段ですよ。

まぁまぁお腹いっぱいになるんだから、文句は言えません。

かつや

とんかつとカツ丼をメインにした外食チェーンが「かつ家」。

安くとんかつを食べられるとあって、若い男性に特に人気上昇中。

500円以下のメニューは残念ながら少なくて、現在確認できるのはこの2つ。

  • カツ丼・梅(490円)
  • ソースカツ丼・梅(490円)

かつやでは大きさのサイズ表記が「松・竹・梅」の3つになっていて、梅が一番小さいサイズなんですね。

オススメ!かつやの満腹メニュー

トンカツって油で揚げているため、牛丼よりも少量でもわりとお腹いっぱいになる食べ物。

なので、かつやなら黙って「カツ丼・梅」一択。

女性や小柄な男性なら、十分満足できる量と質でしょう。

ちょっとお金に余裕があるなら「カツカレー・梅(650円)」を推したいところ。

なか卯

丼ぶり物と京風うどんが売りなのが「なか卯」。

牛丼屋やトンカツ屋よりも雰囲気が柔らかいせいか、女性にも入りやすくのが特徴的。

そんななか卯で500円以下で食べられる主なメニューがコチラ。

  • 親子丼・並(490円)
  • 和風牛丼・並(380円)
  • ざるうどん・並(490円)
  • きつねうどん・並(400円)

500円以下のメニューはかなり多いので、金欠なときでも気軽に入れますね。

オススメ!なか卯の満腹メニュー

なか卯といえば「親子丼」というほど確かに親子丼は美味しいのですが、がっつり食べたいときはちょっと物足りない。

そんなとき私が頼むのが「海老かきあげうどん・並(450円)」です。

うどんの上にかきあげが乗っているので、見た目よりもお腹に溜まりますよ。

餃子の王将

中華のレストランチェーンといえば「餃子の王将」。

中華は脂をがっつり使うため少量でもお腹がいっぱいになるので、食費を抑えない一人暮らしの人にはピッタリな料理。

そんな餃子の王将で500円以下の主なメニューがコチラ。

  • 炒飯(450円)
  • キムチ炒飯(500円)
  • 豚カルビ炒飯(500円)
  • 天津飯(480円)
  • 中華飯(500円)
  • 醤油ラーメン(480円)
  • 焼きそば・ソース(480円)

この他にも一品料理なども、だいたいが500円以下で食べられます。

オススメ!餃子の王将の満腹メニュー

個人的に餃子の王将に行きたいときは餃子をガッツリ食べたいとき。

なので私はいつも「餃子(240円)」と「ライス・中(170円)という組み合わせで注文します。

餃子自体がけっこうボリューム感があるので、まぁまぁお腹いっぱいになりますよ。

他には「中華飯(500円)」が野菜などの具が多くてお腹に溜まるのでオススメ。

丸亀製麺

讃岐うどんチェーンのひとつ「丸亀製麺」。

500円以下で食べられる主なメニューがこちら。

  • 釜玉うどん(並・大)
  • おろし醤油うどん(並・大)
  • 釜揚げうどん(並・大・得)
  • きつねうどん(並・大)

サイドメニューに、おにぎりや稲荷寿司があるので、小さめのうどんと組み合わせるのもGood!

オススメ!丸亀製麺の満腹メニュー

個人的に好きなのは、シンプルな釜揚げうどん(大)。

これに天ぷらか、おにぎりを組み合わせると、標準的な体型の男性でもお腹いっぱいになりますよ。

はなまるうどん

讃岐うどんチェーンのひとつ「はなまるうどん」。

500円以下で食べられる主なメニューがこちら。

  • ぶっかけ
  • 温玉ぶっかけ
  • 釜あげ
  • ざる

どれも大・中・小の3サイズがあり、中サイズなら1個100円くらいの天ぷらをトッピングしても500円以内で収まります。

オススメ!はなまるうどんの満腹メニュー

個人的におすすめなのが「温玉ぶっかけ」。うどんの上に温泉卵が乗っかっていて、

  • 大:490円
  • 中:390円
  • 小:290円

とただの「ぶっかけ」と値段は一緒なので、こっちのほうが得ですね。

これに130円の野菜かき揚げをトッピングするとお腹いっぱい!

中サイズだと500円を少しオーバーしますが許容範囲でしょう。

松屋

3大牛丼チェーンのひとつ「松屋」。「牛丼」ではなく「牛めし」と名乗っているのはここだけです。

500円以下で食べられる主なメニューがこちら。

  • 牛めし(ミニ盛・並盛・あたま大盛・大盛)
  • キムカル丼(並盛)
  • ネギたっぷりネギ塩豚肩ロース丼(並盛)
  • かけうどん/きつねうどん

牛丼以外にもうどん系メニューが充実しているのが特徴的。

オススメ!松屋の満腹メニュー

松屋で低価格でお腹いっぱいにするなら「牛めし(大盛り)」で決まり。

店内での飲食なら味噌汁が無料でついてくるので、たった430円でお腹いっぱいになるでしょう(女性ではちょっと残すくらいの量)。

リンガーハット

長崎ちゃんぽんがリーズナブルな値段で楽しめるのが「リンガーハット」。

普通の「長崎ちゃんぽん」は590円とちょっと予算オーバーですが、狙い目はランチメニュー。

  • 薄皮ぎょうざ7個定食⇒370円
  • 薄皮ぎょうざ7個定食半チャーハン⇒480円

ランチメニューなら、こんな500円以下のセット定食があるんですよ。

オススメ!リンガーハットの満腹メニュー

ほんの少し予算オーバーですが、ランチメニューにある「小さいちゃんぽん・薄皮ぎょうざ3個ランチ(540円)」がおすすめ。

ちょっと量の少ないちゃんぽんと餃子のセットメニューで、両方食べられて満足感は高く、そこそこお腹いっぱいになります。

すき家

牛丼はもちろん、カレー・うなぎ・海鮮丼まで幅広いメニューがあるのが「すきや」。

500円以下で食べられる主なメニューがこちら。

  • 牛丼・並盛(350円)
  • 牛丼・中盛(480円)
  • 牛丼・大盛(480円)

すき家は他の牛丼チェーンよりもややご飯が多めなので、大柄な男性でも大盛で十分満腹になるはず(それでも足りない人はメガ盛りをどうぞ)。

オススメ!すき家の満腹メニュー

牛丼の大盛もいいですが、個人的におすすめしたいのが「サラ旨ポークカレー(並盛490円)」。

すき家はカレーにも力を入れているため、スパイスの効いたルーはカレー専門店のよう。

しかも、ごはんの量もけっこう多いのでお腹いっぱいになりますよ。

他に「納豆定食(ごはん大盛440円)」も、おかずは質素ながらご飯が多いので満足度は高いでしょう。

吉野家

キン肉マンの好物として有名なのが「吉野家」の牛丼。

500円以下で食べられる主なメニューがこちら。

  • 肉だく牛丼・並盛(491円)
  • 牛丼・並盛(352円)
  • ねぎだく牛丼・並盛(454円)
  • 牛皿定食・並盛(498円)
  • スパイシーカレー・並盛(328円)
  • 新味豚丼・並盛(338円)

オススメ!吉野家の満腹メニュー

吉野家なら「牛丼・アタマの大盛り(452円)」でしょう。

牛丼チェーンの元祖だけあって文句なし美味しいし、量も普通の体格の男性ならみんなお腹いっぱいになるはず。

それでも足りない人は「大盛(512円)」をどうぞ。

スポンサーリンク

【500円以下でテイクアウト】ファストフード&弁当でお腹をいっぱいにする!

量の割に高いというイメージがあるファストフードや弁当でも、メニューの選び方によっては500円以下でお腹いっぱいにすることも可能ですよ。

私がよく利用する以下の2店で、どうやって安く満腹感を得ているのか、ご紹介します。

マクドナルド

マクドナルドはセットメニューを頼むと、ハンバーガーの種類によっては800~1,000円近くするので外食するより高くなってしまうことも……。

できるだけ安く、それでいてお腹をいっぱいにするならセットで買ってはダメです。

もちろん、飲み物類も買ってはダメ(別に自販機で買うか、家のお茶で我慢します)

今のマクドナルドは安い単品がたくさんあるので、それを予算内から組み合わせて買いましょう。その候補がコチラ。

  • ハンバーガー(110円)
  • チキンクリスプ(110円)
  • チーズバーガー(140円)
  • スパイシーチキンバーバー(200円)
  • ベーコンマックポーク(200円)
  • チキンチーズバーガー(200円)
  • エッグチーズバーガー(200円)
  • マックフライポテト・S(150円)
  • ホットアップルパイ(100円)

オススメ!マックの満腹メニュー

とりあえず腹を満たしたい場合は、ハンバーガーとチキンクリスプを2~3個と、ポテトのSを買って、水道水でグイグイ咀嚼します。

マックの普通のハンバーガーは味にパンチがないので、自分でケチャップか辛子を足すとちょうどよくなりますよ。

ほっともっと

全国的なお弁当チェーンといえば「ほっともっと」。

ほっともっとのお弁当は500円以下の種類が多いし、ご飯の量も多いのでどれを頼んでも満足感は得られます。

一人暮らしの強い味方ですね。

オススメ!ほっともっとの満腹メニュー

個人的に「あぁ、お腹いっぱい」と食後に寝転びたくなるくらいになったのが「デラックス得丼」。

  • 生姜焼き
  • 白身フライ
  • 唐揚げ
  • メンチカツ
  • ちくわ天

などなど男子が好きな揚げ物がご飯の上にどっさり乗っているガッツリ系のお弁当。

それもそのはずカロリーは1000kcal以上もあります(笑)。

これを昼に食べると寝るまでお腹が減らなかったくらいなので、コストパフォーマンスは最高じゃないでしょうか。

【1000円前後】食べ放題でお腹いっぱいにする外食チェーン3選

1000円くらいはお金を払っていいから、お腹のベルトがはちきれそうなほど食べたい!

そんなときは「食べ放題」がある外食チェーンに行きましょう!

ステーキガスト

ステーキやハンバーグに特化したガストが「ステーキガスト」。

ステーキガストではステーキやハンバーグの単品に食べ放題である「健康サラダバー」が付いてくるんです。

この健康サラダバーで食べ放題になるのが、こちら。

  • キャベツやレタスなどの野菜類
  • デザート類
  • プチパンやフォカッチャなどのパン類
  • ライス(ご飯)
  • カレー
  • 各種スープ類

パンとご飯が無限に食べられるので、もうこれだけでお腹いっぱいになること間違いなし。

しかもカレーのルーも食べ放題なので、実質「カレーライス食べ放題」ってことですね。

ビッグボーイ

ステーキとハンバーグの専門店として老舗なのが「ビッグボーイ」。

ビッグボーイではステーキやハンバーグを「バイキングセット」として頼むと、サラダ・スープ・ライス・カレーなどがおかわり自由になります。

ステーキガストより若干お値段は高い印象はありますが、その分、バイキングの内容が良い気がします(個人的な感想ですが)。

バーミヤン

あの中華ファミリーレストランの「バーミヤン」では、あまり知られていないですが食べ放題メニューもあるんです。

それが「火鍋しゃぶしゃぶ」で、火鍋とは中華料理の鍋料理の一種(味は辛め)。

味のベースになる鍋のスープは

  • 白湯スープ
  • 麻辣スープ
  • すきやき風スープ
  • 昆布だし

という4種類あり、日本人向けに辛くないスープもあります。

コースには「豚のみ食べ放題」・「牛と豚の両方が食べ放題」など値段によって変わりますので、お財布と相談して頼むと吉(豚コースだと約1,400円)。

ごはんが「おかわり自由」な外食チェーン

結局のところお腹いっぱい食べるには、ご飯(白米)をおかわりするのが手っ取り早いですよね?

実はあるんですよ、ご飯がおかわり自由な外食チェーンが。それがこちら。

  • やよい軒(定食のおかわりが自由)
  • さくら水産(ランチのみ/一部の店舗のみ)
  • とんかつ和幸

とんかつ和幸では、ご飯のほかにキャベツ・味噌汁もお替り自由なので最高です(店舗によっては味噌汁のお替りはやっていない場合もあり)。

このほかに意外と盲点なのが、地元のローカルな定食屋さん。

サービスの良い店なら、ご飯くらいお替り自由だったり、それがダメでも「大盛自由」の場合もあるので、新しい行きつけの店を開拓してみてください。

外食の値段を1円でも下げる5つのポイント

外食するときに1円でも安く済ませるには、ほんの小さな点を見逃してはいけません!

私も実践している5つのポイントがこちら。

  • 飲み物(ドリンクバー)は絶対に頼まない
  • クレジットカードで支払いポイントを貯める
  • クーポンを使って値引きしてもらう
  • ポイントカードを提示してポイントを貯める
  • 定期的な値引きされる日を狙って利用する

飲み物(ドリンクバー)は絶対に頼まない

飲食店ではただのオレンジジュースでも「場所代・人件費」などが加算されて、平気で500円とかしますよね?

あんなの頼んだら絶対に損ですよ。

それに学生時代からの癖でついファミレスに行くと、ドリンクバーを頼みたくなるはず。

でも、飲み物の一杯当たりの原価は数円~数十円なので、10杯以上飲まない限りは元を取れません。

ジュースもアルコールも飲みたければ、あとでスーパーで安く買って飲んだほうが何杯も安上がりだということをお忘れなく。

クレジットカードで支払いポイントを貯める

もしかしてレストランの支払いを現金でしていますか?

現金払いは大損ですよ。

たとえ500円程度の食事でもクレジットカードで支払えば、1%のポイントが付きます。

500円の1%はたったの5円ですが「塵も積もれば山となる」ので、これからは必ずクレジットカードで支払いましょう。

クレジットカードをまだ持っていない学生さんや新社会人なら1枚めのカードとしては、楽天カードがベスト。

他のカードと比べて審査基準がゆるく、学生やフリーターなど年収がわずかな人でも作ることができますよ(私も愛用中です)。

⇒楽天カードの詳細はこちら

クーポン(割引券)を使って値引きしてもらう

全国に展開するようなチェーン店では、クーポン券を発行し、注文時や支払う時に提示すると○円割引などのサービスを受けられます。

ガストやココスなどファミレス系は、新聞の折込チラシでたまに割引券が入ってきますし、それ以外では公式サイトにアクセスすると電子クーポンが表示されます。

また最近では公式アプリをダウンロードすると、常時割引がなされるなど様々な特典がありますから、積極的に利用すべきですね。

ポイントカードを提示してポイントを貯める

今では楽天ポイントやTポイントなど、様々なポイントサイトがあります。

たとえばガストやバーミヤンなどのスカイラークグループでは、利用額に応じて「Tポイント」が溜まります。

  • マクドナルド
  • 吉野家
  • すき家
  • はま寿司
  • くら寿司
  • ココス
  • ビッグボーイ
  • ジョリーパスタ
  • ロイヤルホスト
  • リンガーハット
  • 幸楽苑
  • 大戸屋

などでは「楽天ポイント」が溜まります。

ポイントが溜まるということは、溜めたポイントが食事代の支払いにも使えるので、これも忘れずに提示して溜めていきたいところですね。

定期的な値引きされる日を狙って利用する

各外食チェーンでは、毎月の特定の日か、一年の特定の日付の日に、様々な割引や特典が受けられるサービスを開催しています。

  • 毎月1日⇒丸亀製麺【釜揚げうどん半額】
  • 毎月1日・11日⇒ファーストキッチン【ポイント2倍】
  • 毎月5の付く日⇒サブウェイ【ポイントが5倍】
  • 毎月10日・20日・30日⇒ロッテリア【月替りサービス】
  • 毎月5の付く日⇒ゴーゴーカレー【トッピングサービス券プレゼント】
  • 毎月31日と3月1日⇒サーティーワン【ダブルコーン・ダブルカップ31%オフ】
  • 毎月29日⇒ステーキガスト【肉の日限定メニュー】
  • 10月1日⇒天下一品【ラーメン1杯無料券】

なかでも毎月29日(にくの日)は肉をメインにした焼肉店やステーキ店などで、語呂合わせとしていろんなお得なキャンペーンをやってますので要チェック!

安くてお腹いっぱい食べられる穴場の外食スポット3選

安くてお腹いっぱい食べられるのは何も町中のレストランだけではありません。

たとえば、こんな場所でも安くて美味しい食事が食べられるんですよ。

  1. 大学の学食
  2. 市役所や区役所の食堂
  3. 総合病院の食堂

大学の学食

一旦、卒業すると滅多に足を運ぶことがなくなる大学ですが、大学内の学食は学生以外でも利用可能。

貧乏でお腹を空かせている学生のために、安くてボリュームたっぷりの定食が充実しているので、社会人になって金欠のときも利用しちゃいましょう。

一般のレストランの半額~3割引くらいの値段なので、圧倒的にコスパに優れます。

ただ、営業が平日の日中だけの場合がほとんどなので、利用するシーンは限られるのが難点……。

市役所や区役所の食堂

村役場や町役場には規模的にありませんが、ほとんどの市役所では中に、職員や一般来訪者向けの食堂が完備されています。

この食堂も値段は低く抑えられているので、町の定食屋や洋食店に行くには手持ちが心もとないときは、ちょっとのぞいてみましょう。

総合病院の食堂

病院なんて自分や家族が病気にならない限り足を踏み入れませんし、誰かが入院でもしない限り、なかの食堂を利用する機会はまずありません。

しかも病院だけあって、健康に気を遣った低カロリーで栄養バランスの取れたメニューが用意されていることも。

一人暮らしでいつも外食ばかりという人にはありがたい食事にありつけるオアシス的存在ではないでしょうか。

スポンサーリンク

まとめ

500円以下という超安くてお腹がいっぱいになる外食チェーンを11店厳選してご紹介してきました。

個人的に20代から30代にかけて一番お世話になったのは牛丼チェーンの「すき家」です。

牛丼(並)は安くて旨いし、豚丼も好き。それにカレーも旨いですよ。

とりあえず迷ったら、すき家へ行ってみてください。隣で食べているのは、もしかして私かもしれません(笑)。

※当記事で紹介した各店舗のメニューの価格は記事の執筆時のデータです。最新の情報は各店舗のウェブサイトでお確かめください。
西門 カジカ

一人暮らし歴20年以上のアラフォー会社員。ズボラな性格でいかに家事の手間を減らせるか、いろいろ試すのが大好き。ゴキブリが大の苦手。

西門 カジカをフォローする
スポンサーリンク
スポンサーリンク
ズボラ家事
カジカ文庫

コメント

タイトルとURLをコピーしました